流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

空の境界 殺人考察(前)

DVDきますた。


エピローグの荒耶と次回予告のふじのんで全部持って行かれた気分です(17分割
あと大輔兄さんがFateの親父にそっくりでした。声優確認してないけど同じなのかな。

式と識の入れ替わりが見てて面白かったです。
特にデート時の識は反則的可愛さ。
声の加減でなんとなく式と識の判別が出来るのはさすが声優……坂本さんすげぇな。
最後は主語が「わたし」のまま識の行動取ってたけど式なんだろな。

なんと言うか、良くも悪くも「始まりの物語」でした。
空の境界は時系列バラバラで話を展開するのが難点ですな。それが面白い部分でもありますが。

荒耶=言峰、藤乃in能登って最強のキャストじゃねーか。
しかも里緒in保志。やべぇよこの布陣。


なんだこのファランクス。





コメント返信

・cjさん
確かにはっきり言わず、嫌いな店は二度と行かないと態度で示す部分はありますね。
もうちょいこう……表現に気を使えばもっと理解を得られる記事だと思います。

少なくとも「同胞」はないと思った(銃声
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<デスクトップ | HOME | 生活態度>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |