流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

酷狼鳥

誤字ではない。思った事をありのままに(ry

村上位のガルルガ行ってみた。
例のクチバシアタックなんざより、やたら速くなった振り向き+突進→啄みの方が怖かった。
ガンナーで行く気がしなかったので、素直に水剣担いで行った。

大剣でガルルガと戦う時、基本的にはブレス時に抜刀回避だと思う。
あと振り向きに合わせて溜め3振り下ろしたり、意外と攻撃チャンスが多いと思った。
と言うか攻撃するタイミングがなんとなく読めるので被害も少なく、15分針で討伐成功。
耳が完全に壊れたので弱ってるのかの確認が出来ない内の討伐だった。
尻尾は早めに落とした方が良い。リーチが短くなるだけサマーソルトに巻き込まれる危険性が減る。
出来るだけ体力は満タンを維持し、いにしえの秘薬を備えていた方が良さ気。
どうしても回復チャンスが出来ない場合は閃光玉で錯乱させて距離取れば安全。
耳栓があるかないかでも攻撃チャンスは雲泥の差。

双剣でも試しに行ったのだけれど、脚の肉質が硬質化してて文字通り刃が立たない。
せめて脚に刃が通れば……と言うのが心眼ありきの思考に繋がるのは明確で、やはり今回と言うかdos以降の開発陣はトチってると思って良いのだろう。
雑魚配置もふざけているとしか思えないファンゴ+チャチャブー+ガルルガ狂気の共演。
初回は間違いなく雑魚でかなりペースを乱されるので、エリア3の雑魚はこまめに掃除しておくと吉。


今回のガルルガはガンナーアンチになった感が強いけど、大剣で行ったら緊迫感があって面白かった。
そろそろ上位防具も作らなきゃならない頃合なので、素材集めに行くかなぁ。




・コメント返信

>cjさん
Ver.2.0はMGで昔出たキットを再設計して出してるシリーズです。
今はまだガンダムMk-Ⅱとゼータ、ザク系にゲルルグ系だけです。
どうも や っ と ファーストガンダムがVer.2.0で出るとかなんとか。
……何故今更。

あとHGUCでケンプファー発売決定。
やっと本命ですよあんた。
これを機にアレックスも買うかな。
スポンサーサイト

MH | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<訳がわからない | HOME | 癒着と双頭>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |