流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1/100 ガンダムアストレア

1/100 ガンダムアストレア ~ガンダム00P(ダブルオーピー)~1/100 ガンダムアストレア ~ガンダム00P(ダブルオーピー)~
(2008/04/25)
不明

商品詳細を見る


まさかの外伝機体、エクシアの元となった機体です。


>稼動範囲
エクシアとほぼ同一。
金型自体がエクシアの使い回し+新規の構成なので、肩アーマーと武器以外はそのまんまエクシア作れます。
多分アストレアFとアヴァランチエクシアも同じ構成になると思います。

>新規部分
大きな変更点は胴体部。
背中のGNスラスターがコーン型からスリースラスター型になっています。
肩のクラピカルアンテナも展開・非展開がなく、簡単に外れる構成です。
側頭部・腕部・膝のレンズはなく、新規パーツで覆われています。
後腰部のGNダガー/サーベルは外側に柄が出た状態になります。
そのストッパーとしてスラスターのパーツがあります。

>武器
GNビームライフルはデュナメスのスナイパーライフルと同様、手の他に腕に直接接続します。
軸の稼動範囲が広いのでそこまで取り回しは悪くありません。むしろ安定します。
プロトGnソードは挟み込みで腕部に装備。刀身とグリップの展開が可能。
エクシアのGNソードライフルと比べて刀身が若干短いです。
GNシールドはエクシアのより一回り大きく、形も角ばってます。
GNランチャーは肩のクラピカルアンテナを外してマウント。
これも接続軸の稼動範囲に融通が利くので取り回しは(大きさからすれば)悪くないです。
外伝劇中では二門装備してWランチャーとかやってましたが、一門しか付属しません。
ビームサーベル/ダガーはエクシアと同一。


見た目は質素なんですが、どことなく「試作機」っぽさがあって良い感じです。
それでいてエクシアと比較しても違和感なく、00のメカニックを上手く表現したキットではないでしょうか。
武装のプレイバリューも高いのでオススメです。
アストレアFは色が気に入らな(ry

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フラッグファイター | HOME | 寝すぎた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。