流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月光

片手R1
横振りで、タイミング合わせたりノーロックでロリ狩りができたりする。
範囲や発生速度含めてラッシュかける場合は大体これ。

両手R1
縦振り→突き上げ。
威力が高く、二段目まで当たるとかなり美味しいが、縦振りなので範囲は狭い。
余程有利な状況か、相手も遅めの武器を使ってないと辛い。

ローリングR1
出の速い突きで、月光のリーチを活かせるモーション。
あらゆる攻撃起点に出来るのだが、欲張ると隙を晒すのでロリR1だけで離脱する事もある。

バックステップR1
特大剣に近しい、踏み出しての横振り。
踏み出す為リーチが長く、あまりバックステップをするプレイヤーがいない為かロリR1と絡ませて距離調節や起点にできるが多い。

片手光波
横→縦に放つ。
両手光波と比べて発生が速いので光波が大体こっちがメインになる。
相手の出方で二段目を放つかを選択して行くと牽制からダメージソースまで幅広くこなせるようになる。
耐久に注意。

両手光波
下からの切り上げ。
モーションが遅すぎるのだが、当てた場合のリターンは非常に大きい。
基本的に二段目まで出す機会はなく、両手持ちモーションよりも片手の方が扱いやすいので出番は少ない。
とは言え追撃で放つと割と当たったりするので状況を見て使うと良い。


左に相方持つ場合は直剣や刺剣等の振りの速い、可能であればリーチが長めの武器が良い。
月光自体は遅いモーションが多いので緩急をつけられるように選択するのがおそらくベター。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<デモンズ | HOME | 訂正>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。