流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ダークソウル2暫定設定まとめ はじまりの篝火

・忘れられた罪人

「はじまりの火」を生み出そうとした男。
おそらく前作の最初の火と同じものを作ろうとした→イザリスの魔女(苗床)と同じ事をしようとした?
罪人は捕らえられ、不死を閉じ込める牢に入れられて忘れられた模様。


・鉄の古王

見栄っ張りで嘘吐きで、最後は自分から火に飛び込んだ。
火の飛び込むというのは自身を薪にしていたグウィンを彷彿とさせる。
どうやら今は「溶けた土」になっている模様。


・腐れ

今も昔も、ずっとずっと底にいる。
イメージ的にはまんまニト。
元々は腐っていなかった模様。


・公のフレイディア

人はとり憑かれたかのようにへんなものを好きになる。
それともとり憑いているのか。
醜い裏切り者もそうだった。他人のものを欲しがって欲しがって。
「這う蟲」は今も探している。自分の欲しいものを。
どう考えてもシースです本当に(

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金の切れ目は縁の切れ目 | HOME | 砕けた魂を捧げよ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。