流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パシフィック・リム

観て来ました。
3D吹替えだったけど声優陣豪華すぎわろた。



『日本の怪獣映画をハリウッドが本気出してリスペクトしたらとんでもないもんが出てきた。』

と言うのが率直な感想。
現代のCG技術をフルに駆使して日米両方で受ける「怪獣映画」を作ったって感じ。
ロボットのデザインはアメリカらしさと昭和ロボっぽさが融合した印象。
怪獣はエイリアンと日本怪獣が融合したような感じ。

更にSF要素も入れて、「ロボットで殴る必要性」の設定まで作ってある。


設定上は劇中登場してないロボットや怪獣も沢山いるみたいだけど、全部描くのは難しいだろうから現存機体数4ってのは良い数字だと思った。
中国製機体のクリムゾン・タイフーン格好良すぎる。
そしてチェルノは最強すぎる。ネタ的な意味で。


全体通して怪獣の脅威がかなり明確に描かれていたと思う。
登場する度に強くなり、2体同時出現と言うだけでなくロボットに対するメタまで張る始末。
タイフーンやチェルノがやられた理由も主にそれで、腕と機動力を封じられて首ちょんぱ、強酸かけられて海に沈められて溺れた所に前後から飛び掛られてコックピット叩き潰されてお陀仏。
更にはEMPパルスを放出して電子機器を壊して機能停止とか。

日本だと基本的に怪獣はそこまで沢山出てこない事の方が圧倒的に多い。
例外的にレギオンとか平成ギャオスとかいるけど、大体の理由が「描写として描ききれない」から。
出す以上は出番を与えるのが慣例みたいなもんだから、あまり数を出せなくなってしまう。
が、パシフィック・リムの場合は都合の良い部分・悪い部分含めて「怪獣に対処できるけど出てくる度に強くなって始末がつけられない」って状況を描いている。
極端な話、日本怪獣がやたら滅多にタフで死なないのが大体原因なんだけどこの作品に出てくる怪獣はそれなりのしぶとさと強さを上手いバランスで描いていると思う。

ロボットもロボットで「おまwwwwこれ電童とエヴァwwwwwwwww」みたいな操縦システム。
ロケットパンチとかタンカーソードとかネタも豊富だった。
ロボットって発想自体がリアル路線で考えてしまうとナンセンスなシロモノになるからむしろ作りこんだ突っ込みどころがあればあるほど良い。
主役機のジプシー・デンジャーは序盤で一度大破・廃棄されてから再び修復されて使用されるって展開は日本のロボアニメのノリを取り入れてるんだと思った。


個人的に凄くお気に入りな作品になりました。
出来れば続編と言う名の前日譚をやって欲しい所。
リボルテックで出ないかなぁ。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<機龍きた | HOME | 亜人>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。