流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テンプレ重二

頭部:べオウルフ
コア:ヨツン
腕部:199
脚部:3N4
FCS:250
ジェネ:バイタル
ブースター;ダーフェン
両腕:W速特ロータス W威特タンジー
肩部:垂直ミサ(傭兵時は第一世代固定、チムメン時はエリアで使い分け)


デカール脚を使ったテンプレ構成機。
この機体の長所は機動力とロック距離、追撃能力。
欠点は重二らしい防御の半端さとスキャン性能。
第一世代垂直はロックが遅いけど、見方のキャノタンやバトライ中二に随伴する事で大体解消される。
スキャン性能も同様に改善される。
対応範囲が広く、第一世代垂直の爆風威力は1925。場合によっては中二まで抜けてしまうのが魅力。
幅広く対応する代わりに単機で突出すると死ぬので、間合いと戦局の見極めをちゃんとしないとすぐAPがヤバイ事になる。

因みに速特ロタを速特ストレコに代えても運用できる。
その場合、タンジー速ロタ弾き重二に対して優位に立てるが、正直見方に任せた方が早い。

ジェネをバイタルにしてるのは機動力の問題と結果的な持久力から。
容量型にすると供給量自体が減るので乱戦時に息切れすると復帰するまでに死ぬ。
バランス型も大体同じような理由で、こっちは重すぎ。
バイタルだと2、3回のHBで息切れする代わりに回復速度を確保できて、元々高速型ブースターは連弾しないのが基本なので相性はそこまで悪くない。
常にENゲージに気をつけておけば戦闘モード中の回復を利用して非常時に一度のHBで安全圏まで逃げられる事もある。
スポンサーサイト

AC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Crysis3 | HOME | Vanishing歌詞直訳>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。