流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冒頭6分

ヱヴァQ冒頭6分を見ていくつか。


・大気圏外戦闘
水中戦っぽいかと思いきや普通に宇宙戦。
2号機が使うかと思っていたロングライフルはまさかの8号機が使用。

・アスカ
使徒の得体の知れない攻撃を受けて左目がじりじりじり。
やっぱ使徒と共振とかしちゃってるんだろうか?

・第10の使徒
二体登場?
四角い形状から展開して二本の牙(脚?)からアンチA.T.フィールドを発生。
旧劇みたくそのままアスカをぐさっと行くかと思いきやマリの援護狙撃で終了。
でかいボックス? みたいなのに取り付いた2号機に反応して大型タイプが展開。
バルト9での予告で羽みたいなのをひらひらさせてたのと、劇場PVで2号機フルボッコしてたのはこいつ。
アスカ曰くA.T.フィールドが無視されてるんだそうで、アンチA.T.フィールド攻撃?
だとしたらQでのエヴァは通常兵器に毛の生えた程度の戦力?

・謎の箱
ネルフっぽい連中が強奪した使徒が仕込んであったボックス。
アスカの「馬鹿シンジ」に反応してビームで第10使徒を葬った事から初号機が入ってるのか?


非常に面白い6分間でした。
明日は仕事で見に行けないので明後日見に行く。
アンチA.T.フィールドが登場してきた事と、人為的に仕込まれていたように思える第10使徒の存在は考えてるだけで面白い。
Qではネルフ対ゼーレが表層化するんだろうか?

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1.05 | HOME | サブウェポン2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。