流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MHP2ndG

三月発売らしいですねぇ。

望む事は色々あるんですが、気になる点。
と言うか、MHP→2ndでどうしてこんな差が出るのか。

まぁ、ゲームシステムの面ならそりゃ変わりますよね。
だってMHPはGを、2ndはdosをベースにしてるんですから。
それとは別の、「ゲームとしての寿命」の問題。


一つ目に考えられるのは、武具バランス。
MHPのヘビィって、悪く言うと差がないんですよね。
ラオ皇でも正直威力の差を実感する事が難しい。
つまり何使っても、似たり寄ったりなんですよ。
バストンだろうが、グラロアだろうが、クイック改だろうが。
カホウだけは別物として考えたいですが、あれは特典みたいなもんだし。
ライトは繚乱が五月蝿かったですが、レインバレッツ・白も良かった。
個人的にはレインのが好きだけど。

近接だとちょっと危なかったかな。
片手だと真・黒龍剣が出しゃばってましたし。
大剣は良かったです。
ランスも良かったかな?
ハンマーもなかなか。
双剣は……これもまぁまぁ?

MHPってバランス良かったと思うんですよ。
なんて言うか、本当に嗜好で選んでも損しない。
どれ選んでも性能の振れ幅が少ないから、好きな武器を担げたんですよ。

防具って面でも、スキル構築に手間かかりましたね。
紅玉が例によって出なかったりして、耳栓・貫通1追加だったかな? 作るのに銀紅玉二つ必要とか。
スキルも使おうとすれば一通り使えましたし。
「これ一式ありゃおk」みたいなもんはなかったと思うんですよ。
キリンSがギリギリかなぁ、ってくらいで。


んじゃ2ndってどうさ?

武器は問題ありますよね。
弓じゃ覇弓がぶっちぎり。
ガンだと馬鹿みたく強いのがぽこぽこ出てきましたよね。
ハンマーや笛も無属性のが属性付きのより強かったり。
まともにバランス取れてるのって大剣と片手だけじゃね? ってくらい。
双剣は属性70%の補正で涙目。
ランスは使ってないのでちょっとアレですが、バランス自体はまぁまぁだったのかな。
ガンスは属性競争がほぼ龍か水のどちらかってくらい。

つまり、個性出過ぎ。
個性あるのは悪い事じゃないんだけど、潰しあってるんですよね。
所謂バランスブレイカー。
覇弓が最たるものなのは言うまでもありません。

効率を求めて行くと一つの解に辿り着く。
これは良いんですが、妥協出来る線ってあるじゃないですか。
MHPならバストンでもクイック改でも良いぜー、みたいな。
それが2ndだとほとんどないんですよ。
嗜好で決めると、明らかに優劣が出るんです。
それが許容内なら別段問題はないんですが、目に見えて明らかなんですよ。
そりゃ敵の肉質が硬化傾向にあったり、龍属性に弱い頭痛持ちの連中もいたりするのが原因ではありますが。
そこらへんの刷り合わせが出来てないんですよね。

「手軽さ」って点では確かに手軽ですよ。
片手間でモンスター嬲れるような武器があるんですから。
でも、それで本来の面白さってか、根源にあるものをないがしろにしちゃ意味がないと思うんですよ。

防具なんて顕著です。
剣士なんてほとんどがアカムトとリオソウルUの混合です。
高い汎用性、防御力、優秀なスキルと三段拍子。
龍耐性が低いのも許容出来ちゃう訳です。

作りやすさもそうですし、それが手頃って事もあるんでしょうけど。
けど、皆それじゃ個人差って出ませんよね。
似たような装備になるのは仕方ないけど、それでもメンバーに文句言われるような装備ってあるじゃないですか。
そりゃ寄生前提の装備だったりとか。
でも、「この装備じゃないと駄目だろ」って言われるような環境ってどうなんだろ?


個性が出過ぎたせいで、今度は選択しが減った訳です。
「好きなの使えば良いじゃん」って言われればそうなんですが、それでも使うならそれなりに文句言われないの使いたいって思うのが人の常。
その文句が個人的な嗜好なら別に無視しても良いんでしょうけど、全体の傾向だとやっぱ無視できませんよね。


武具バランスで言うと、個性がない代わりに何でも使えたMHP。
個性が出過ぎたばかりに選択肢の縮小をせざるを得なかった2nd。


個人的にはMHPのが面白かったなと。
やっぱ使う以上は使い込んでやりたいって思うじゃないですか。
けど、次元違いってくらいのものがあると飛びつきたくなっちゃうのも仕方ないと思うんですよ。
それじゃいかんだろと。
次元違いってくらいのもんなら、せめてもうちょい製作難度を上げて欲しかったって気持ちはあります。


んじゃ2ndG。
2ndをベースに武具の数が倍だとか。
倍にするのは良いです。
あとは上記のような「個性が出過ぎるかどうか」の問題。
段階的な分け方にすれば結構解決すると思うんですけどね。

防具はスキルを付ける、って事の意味をもう一度考えてもらいたい。
MHPまではあくまでも「戦闘のメリハリを付ける」ものだったんですよ。
両立が困難だから取捨選択しないといけなかったし、その上で戦略を構築する必要があった。

2ndは別ですね。
「戦闘に出るなら防具とスキル付けろよ」って、強制的な概念があるくらいスキルが重要視されたんです。
つまり、スキルありきの戦略を建ててたと。
自動マーキングは楽に付くし、反動軽減と装填速度も両立できる。
んじゃ、それ前提で戦略建てようか……って感じ。
皆が皆同じ装備で、同じ運用してたらメリハリも個人差もねぇよなぁ、と。
自由度の高さが仇になったって言うべきですかね?

つまりそこらへんの刷り合わせ。
防御力を得るのが前提か、スキルが前提か。
MHPは前者で、2ndは後者の傾向が強かったと思います。
2ndGではMHPよりにして欲しいかなぁ。


あとは敵ですよね。
雑魚配置。

ガブラスっていやらしいですよね。
なんでお前いるんだよこの蛇野郎ッ! ってくらい。
ムカつくから瞬殺のファイナルブリッドおおおおおおおおおおおおおおッ!!! って。
ネタ古いですかさいですか。

モンスターの好き嫌いってあるじゃないですか。
実際聞いてみると、アプケロスも案外嫌われてないんですよね。
しつこいし邪魔だしウザいんですが、何故か憎めない。

けど、ガブラスってもう嫌悪の対象ですよね。
何故かって言われると、飛んでて攻撃当たらないし、そのくせ体力多いし、絶対に単体じゃないし、攻撃がいやらしいし。
ランゴとアプケロス足してるようなもんなんですよね。
因みにランゴは皆の嫌悪の対象です。

大型とのタイマンが出来なくなったって事です。
その為に取る手段が掃除しかないって事。
ついでに湧いてくるから、本気で掃除するならかなり面倒な事になる。

その大型も肉質が平均化されて厄介ですよね。
どこ狙ってもあんま差が出ない。
だからどれだけ攻撃当てて削るかって戦い方になるんですよね。
MHって、肉質の弱点を狙って攻撃してなんぼなゲームです。
特にガンは顕著です。
けど、「狙い撃ちにする」って事の意味がなくなると、つまらなくなるんですよね。
狙い撃つ以上は効果を期待するじゃないですか。
それがMHP時代と比べて小さいんですよ、効果が。
全体的なスパンでみりゃ変わってますよ?
けど、その効果を体感出来ないって話。

ガルルガは成功でしたね、その意味では。
動き自体はレイアとクックの特徴を引き継いで、肉質はメリハリのある設定で。
だから狙う部位によって全然差が出るんですよ。
水冷弾当てるのだって、背中狙うのと適当に撃つのとじゃ全然違う。
貫通より通常で頭や、あえて判定の小さい腹狙ったり。
つまり面白いんですよ、狙撃が。

ティガや大名、将軍にそれがあるかって言われるとないんですよね。
ほとんど貫通垂れ流し。
牙獣は微妙なラインですが、あいつらは軟いって意味で平均化されてるので同じかな。
ただ貫通でも通常でもどっちでも同じってだけで。

古龍なんて正直言って馬鹿ですよね。
皆頭怯みで悶絶ですよ?
しかも頭がほとんど場合において弱点ですよ?
んで龍属性に極端に弱い。
龍属性武器ヒャッホイで頭怯ませたら振るボッコ。
そんなんで面白い?
袋叩きにするだけなら他のゲームでもやってろ、と言いたくなるくらいです。
特別な戦略を用いてそうなるなら許せますが、誰でもやります。
誰でも出来ます。難しい事なんて考える必要ありません。


新竜で「迅竜ナルガクルガ」って発表されたじゃないですか。
明らかにティガとそっくりな親戚なんですが、動きもティガと同じとかないですよね?
肉質も全体的に硬いとかないですよね?

とっても心配です。
あ、でも買うから安心して下さいね(死
スポンサーサイト

MH | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ガンダムナドレとな | HOME | 努力の価値は>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。