流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

戦果は上々

最低でも一体撃破を目標に始めたWヒトキャ傭兵。
あれから少し構成を変えてVTFをCE2000ミサに変えた。

誘導性能は思ったより悪くなく、中二重二辺りは構成によっては衝撃硬直が取れる。
タンクも防御低下を狙っていけるので良い感じ。

四脚と重逆はどうしようもないのでゴリ押す。
ハンガーのパルマシとオックスが役に立った覚えがない不思議。

あとは市街地と海上での立ち回りか。
特に海上は侵攻で勝つ事が少ないので難しい。
高度を取られないように最初はある程度攻めて、それから意図的にラインを下げて誘爆させれば良いんだろうか。
市街地は上手い事敵の側面を取れれば一機落せるかもしれない。
それが難しいのがアレなんだけど。

こうなると遊撃手として、あえて見方と別ルートを取った方が良いのか?
でもそうすると逆に四対一って事もあるから難しい。
如何にしてタゲされずに一機落すか、もしくは削るか。



とりあえず砂漠での戦果は上々。
ただ、傭兵だけ前に出させて近接機なのに後ろに控え続ける雇い主は地雷。
ヒトキャタンクだけでライン張らせるとかちょっとわかんないですね。

VTFからCEミドルに変えてからは自爆も減ったし重二と中二を食いやすくなったので良しとする。
特に市街地戦でそこそこの弾速で相手に迫るCEミサは良い感じに削れる。
スポンサーサイト

AC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒートキャノン | HOME | 重二できた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |