流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そうだ奇襲しよう

頭部:ジーク
コア:113-2
腕:SEVERN
脚:ヴィンディヤ
FCS:グランス
ジェネ:最大容量
両手:速射特化ヒトキャ
肩:VTF

ヒトキャは一番威力のあるアレの速射特化。
威力4000台でリロード48。

機体コンセプトは「ヒトキャで奇襲」。
と言うかヒトキャを今まで使ってきて今更だけど、これは奇襲じゃないと使えない。
命中特化で弾速上げるのも良いけど威力が下がる上に二次ロックまでが長い。
ついでに弾速上がっても格段に命中率が上がる訳ではなく、二次ロックしてなんぼって状態。
ならいっそ弾速捨ててDPS特化させて、ワンチャンスで抉る方針で良いんじゃないかとか思った。
VTFで目くらまし+硬直狙ってそのまま一気に畳み掛ける感じ。

対反動はオックスで硬直しない程度確保して、防御はオックスランポを弾ける構成。
ストレコザ対策した方が良いんでねぇの? と思われるが、奇襲するのに必要な機動力と防御の確実性をトレードオフした。
奇襲してヒトキャを当てるからには、相当距離を詰めないといけない。
なので選択肢はほぼヴィンディヤとエルブルスの二択。
グライドキャンセルを防ぐ為には対反動がいるのでヴィンディヤ。
そしてダメージを抑えるという意味では、防御低下しても弾けるのが好ましい。
ストレコザを弾こうとすると3000以上のCE防御が必要でKEが死ぬ。
すると射程と弾速に優れるオックスランポで瞬殺されるので、KE特化の構成に。
別にCE特化でも良いんだけど、なんとも言えない。こっちのがAP高いのも事実だけど。

基本的には遊撃・奇襲しか出来ないので見方のサポートと広い視野が必要。
でも使ってて面白い。
スポンサーサイト

AC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<とりあえず一体もっていく | HOME | MG AGE-2ノーマル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。