流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MG AGE-2ノーマル

・頭部
カメラアイと額センサーはAGE-1同様にシルバーシールを裏から貼れるけどヒサシ諸々であんま光を拾わない。

・胴体
肩関節で胴体の上下引き出しをロックしている。
この肩関節はボール軸を太らせてある程度渋くしておかないとハイパードッズライフルの重さに負ける。
コックピットはAGE-1同様凝ってて、赤装甲、シャッター、白装甲、青装甲の順に開いて行って最後にシート自体を下に降ろす。
今までAGE-2のコックピットは腹部だと思ってたけど胸部にあるようで。

・腕
AGE-1同様に柔軟に動きます。
羽根はHG同様邪魔だけど色んな向きに動く上、良い感じの大きさなのでHGよりは邪魔じゃないかも。

・下半身
股関節は変形に開いて、サイドアーマー基部と接続する方式。
問題は膝~脛で、脛のロックが弱すぎて膝がかくかくする。
脛のロック側を少し太らせてみたけど、ここは慎重に動かした方が良さそう。

・武器
ハイパードッズライフルははったりの効く大きさと重さ。
下部カバーがスライドして変形時のランディングギアになる。
ビームサーベルは組み立て時に軸の左右を少し削って、瞬間接着剤で固めるのを推奨。
何故って、パーツ嵌める時に折れるから。どうしてこんな設計にしたんだ。
サーベル自体はMGオリジナルで両端からビーム刃を出せるように。
シールドは言うまでもない形状だけど、程よい厚みがあって良い感じ。


ウェア換装部以外は良好な出来 ※ただしサーベルは除く

ダブルバレットはいつごろ出るんだろうか。
AGE-3出すなら肩のポリキャップはやめて欲しい。

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そうだ奇襲しよう | HOME | 防御切捨て>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。