流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

重量逆間接

強い強いといわれるけど実際強いの? どこが強いの?
という素朴な疑問についてあれこれ。




まずは「強い」といわれる理由から。

①高い姿勢制御と頭部の組み合わせで平均速度値が比較的高め

②高いAPとCE防御で流行り武器のストレコザへの対策が容易で生存率が高い

③高い姿勢制御と頭部・腕部の組み合わせでリロード高速化=DPS上昇

④高い姿勢制御による高い安定性と対反動耐性で動きを阻害されにくい

⑤跳躍力が高いので高度を取りやすい


取りあえずこの五点だろうか。見ての通り3/5の利点が姿勢制御によるもの。
では次に実際どうなのって部分。

①速いとはいえ積載ギリギリまで載せると当然相応に遅くなる。
 しかも第一回調整でブーストドライブ性能が落ちたので初期と比べて機動力自体は落ちてる。
 要余剰積載

②TEが死亡してるのでパルマシ含めてTE火器に晒されるとAPがマッハ。
 KE上げるとAPが低めになり、TEにすると内部性能が落ちるジレンマ

③腕をCEにすれば大体問題ない。が、それで頭部までCEにするとTEが(ry
 かといってCE頭部にして腕をKEかTEにするにはきちんと武装構成を考える必要あり

④オックスアイが流行り始めた事で重逆の安定性でも固められるケースが出てきた。
 安定性特化すると頭部がCEになるので武装構成を吟味する必要性が出てくる。
 当然、重量を上げて安定性上げると速度が死ぬ

⑤実はいうほど凄くない


という状況。強いには強いけど、きちんと特性考えてアセンしないとただの肉団子と化す。
腕をTEにする場合はWサブコン砂とかにするとリロード高速化特性と元から引きが得意な脚部特性両方活かせる。
腕をKEにする場合はCE頭部でとにかく弾を撒いたりショットガンなどの単射タイプ武器とマッチする。

最近ではWストレコWオックス重逆を見かけるが、あれは対重逆でもあるのでとても強力。
「重逆は重逆で潰すかTEで焼き殺す」が鉄板になってるのでやっぱり重逆は全脚部カテゴリーでも特出している。
かといって逆風が吹いていないかといわれれば結構逆風なので使用率的には初期よりマイルド。

正直固め目的武器であるオックスアイの威力が高いのも対重逆におけるジレンマになってる。
対重逆で使えるという事は重逆も使える。しかも他よりリロードが速い。
なので上記した「対重逆には重逆をぶつける」という手も出てくる。


でもぶっちゃけ暴れてる重逆はPUTUOだけで防御面に不安が残るWUTAIはきちんとアセン考えないといけない。
PUTUOさん自重してください。
スポンサーサイト

AC | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<タンクは弱体化したのかどうか | HOME | 第二回パラ調整>>

この記事のコメント

弱体食らってる現状ですら、頭一つ抜けてるってのが素晴らしいですね。
オックスに関しては、PUTUOさん固まりますっけ?


脚部バランスは、重逆だけ今の状態で、他は最初期にすれば、
そこそこよさげだなあとか。
武器性能は現状で。
重逆どころか、重二も溶かす一部武器は(以下略
2012-04-04 Wed 19:30 | URL | cj #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。