流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

劇場版00 BD

きたので観賞二回ほど。
劇場公開時に気付けなかった部分がちらほらあったのと微妙に調整入ってる感じ。

シザービットを含めて戦闘速度的に(劇場公開版と比べて)観やすくなった。
画面を縦横無尽に駆けるシザービットとハルートonマルートが素敵。
サバーニャとハルートの本気モードの動きが格好良すぎて死にたい。

玄関少女ことアーミアの外宇宙航行艦スメラギでのカットで左半身メタル化も確認。
どうやら刹那と同様にELSと共存したっぽい。
まぁ半身金属じゃ普通に死ぬからそうなるか。



何度観てもサバーニャとハルートの暴れっぷりが素敵。
あれこそ空間戦闘ならではと言うもの。
あとサバーニャが二回目の乱れ撃ち後にミサイルポッドパージしてるのも確認。細かいこと。


そんで初回特典として脚本第一稿と絵コンテが。
初期稿は読んでないんだけど、絵コンテカオス。アニメーターって本当に絵上手いのね。
アンドレイvsELSジンクスでの動きとか絵コンテ見て完全に理解した。
コーラを助けた粒子ビームはクアンタのものとか、よくわからなかった部分も補完。



某動画の「GN対話」で吹いた。


スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アヴァランチャー | HOME | 速射>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |