流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HG1/144 ガンダムサバーニャ

HG 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ (機動戦士ガンダム00)
(2010/08/28)
バンダイ

商品詳細を見る



「何を企んでいようが、この先に行かせる訳にはいかねぇな!」


>頭部
ガンカメラはアンテナ基部と一体成形。
展開時はアンテナを降ろして額のクリスタルカバーを上げます。
クリスタルカバーはシール。

>胸部
何故か説明書では胸装甲の取り付けが最後の方に書かれている不思議。
その胸装甲はGNミサイルハッチです。
胸部装甲の奥には太陽炉がある模様。
基本的な構造はクアンタと同じ。

>腕部
肩アーマー内部にはセンサーのモールドが。
装甲は差し替えで展開できますが、説明書には何も書いていないので追加装備版にでも記載するのかしら。
その他構造もクアンタと同じ。

>腰
後にはGNバーニア二つとスタビライザー、ホルスタービット接続アーム。
フロントアーマーの作りがこのサイズにしては特殊で、基盤になる部分を嵌めてから深緑色の装甲を嵌めます。
やっぱ追加装備版で何かつくのか?
ビット接続アームには切り吹きがあって三段階までは位置の固定が可能。

>脚部
見た目の割に足首の可動範囲が広いです。つま先の爪も色分けされてます。鯖猫キック!
膝アーマーにはGNミサイルハッチ。あとここも胸部装甲同様に最後の方に装甲取り付け図が。

>武装
GNライフルビットⅡ/GNピストルビットは銃身差し替え、スコープとグリップの展開で再現。
ソード部は無色透明パーツにシールですが、ソード部の色は無色透明で正解のようです。
キット一つに2セット付属します。
GNホルスタービットはライフルビット格納可能なものが二つ。
二つ連結されているものが合計で四つ付属します。
基本装備のホルスター×10・ライフル×10を再現するにはキットが五つ必要。



まさかのミサイルハッチは嬉しい誤算。
肩のセンサーやランナースイッチや装甲の取り付けなど臭わせすぎで臭いぞガンダム!

本予告では灰色ジンクスⅣを撃墜していたり、肩に追加でホルスタービットを四つ付けているなど重装備っぷりに拍車がかかっているようで。
ELSが連邦艦やジンクスⅣに化けるのなら画面がごった煮になりますな。良いぞもっとやれ。

デザイン見た時から思ってたけど、ケルディムやサバーニャって玩具方面よりも映像での演出を重視してるよなぁ。
その分ハルートやラファエルが面白ギミック積むんだろうけど。

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アルフォート | HOME | うにゃあああああああああああああああああ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。