流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MGウイングガンダム

MG 1/100 ウイングガンダムMG 1/100 ウイングガンダム
(2010/04/30)
バンダイ

商品詳細を見る



超久々のキットレビュー。




>頭部
内部メカと顎、カメラ、フェイス、ヘルメット上部と左右で分割。
合わせ目が目立たないのと、造形を優先したそうで。
同スケールガンダムver2と比べて小顔。

>胴体
コックピット内部のパーツ(座席)とそれを挟むパーツが上手くかみ合わないと座席パーツがアッー!
となります。私はねじ込みましたが(
肩関節部のヒンジを切り飛ばさないようにご注意を。変型時に必要です。

>腕部
前腕の爪が干渉しますが、爪を動かしてやれば可動範囲は充分取れているかと。
Vガンダムで培った極小ヒンジで爪の固定と展開ギミックを再現。
手首もVガンダム同様、人差し指から小指までをごっそり取り替える方式に。
肩アーマーのC-2は接着してしまった方が良いかも。

>股間
サイドアーマーは変型時の位置決めようにアームで展開します。
その他は特筆することもなく。

>脚部
膝はバーニアと干渉するまで曲がります。
足首は二重ボールジョイントで接地性は充分。

>羽根
Ver.kaからの逆輸入となる展開ギミックがあります。
ハッタリ感は抜群。バード形態では展開しない方が説得力あるので、MS形態時専用みたいなもんですね。

>武器
ライフル、シールド共に中折れ式。
ライフルは前腕の爪でがっちり保持されます。
シールドは腕に引っ掛ける部分をきちんと下に降ろしてやらないと外れやすく、無理に外そうとすると壊れます。
シールド内部にサーベルの柄を収納。サーベル刃はバイアスのかかったタイプです。

>バード形態
上半身と下半身は脇の下とサイドアーマーでロック。
膝関節は膝の変型に連動して足首が引っ込みます。
手首は外す必要がありますが、ロックでガタつきもなくかっちりした変型です。
しかし長い。羽根広げると面積が素敵。


全体的にABS間接とポリキャップ間接を併用していて、これまでのMGの集大成的なものになってます。
デザインを利用したライフルの保持や手首の付け替え、極小ヒンジやロック機構と非常にバランスの良い出来。
別段好きではなかったのですが、作っている内に気に入ってしまう、そんなキットです。

デザインが嫌いでもない限りお勧めできます。

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<先駆者の目覚め | HOME | wktkが止まらない>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。