流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

うあああああああああやべえええええええ

00のSE3にて劇場版特報Ⅱ。

初っ端から新キャラがイノベイターみたいな感じでカティ准将に語りかけてたり、新型の大型MAが出てきたり。
ビリーやグラハムがCBの面々と会って会話するっぽい。
ビリーはスメラギさんと、グラハムは何故かフェルトと。
沙慈とルイスは続投で出てくる模様。
マリーが凄く女性的に成長してたり、ミレイナが髪降ろしてたり、フェルトが髪切ってたり。
刹那の「リボンズ・アルマーク!?」とかアレルヤの「マリーを狙ってる!?」とか意味深な台詞も。

新ガンダム四体の決定稿による映像も。
ハルートは手持ち武器が2丁に。胸部が変型時に顔面を隠すような感じで変型。
ザバーニャはこれまで同様、ガンカメラとスナイパーライフル装備。全身にミサイル完備。
ラファエルは手持ち武器が追加された模様。どこぞのゼロカスのようにぐるっと一周してビーム薙ぎ払い。
クアンタの右手武器は手持ち剣。銃口のようなものも見えるがよくわからない。

グラハム専用機なのかはわからないけど、可変型GNフラッグ(青)も。

あとは台詞の端々から刹那と誰かの恋愛的なシーン(フェルト?)もあるようなニュアンスが。
リボンズの名前が飛び出してきたり脳量子波が云々、ミスターイノベイター云々とかなりの数の符号が入れられておりました。

ハルートとラファエルが思ったより格好良いな。
ラファエルは完全に予想外すぎる格好良さ。もっとふわふわした感じだと思ったんだけどなぁ。
今回も背中のパーツが色々しでかしてくれるんだろうか。
ハルートは思ったよりスマートで良い。手持ち武器もブレードとして使えそうな形と配色だし。
ザバーニャは「全身にシールドを着込んでる」と言うコンセプトらしいが、全部にミサイル仕込んで大丈夫なんだろうか。

とりあえず9月に上映決定だそうで今から楽しみだ。というか映画でこんなテンション上がるって久々だな。
むしろヱヴァ破よりテンション上がってる不思議。

因みにSE3の内容は色々と、まぁ、その……ねぇ。
悪くはないんだけど劇場版の方で忙しいのかいきなりブリングの仇とかちょっとあんまりじゃないでしょうか(
新規カットも戦闘方面ではセラヴィーがトランザム後に奮闘してて良かったな。かなりボコられてたけど。
むしろ新規で目立ったのってそれと冒頭くらいか? ガガのシーンで少し新規あったけどあっと言う間すぎる。
最終決戦も00ライザーやリボーンズの腕や脚が次のシーンでいきなりなくなってたり。
ビリーの台詞をキャンセルするブシドーに笑った。あれは酷い。

個人的には劇場版特報だけでも価値があったから良いや。




・コメント返信

>cjさん
PS2時代のレーザーと比べれば格段に撃ち易いので意外といける。
ただ無駄撃ちすると弾数とENがじょ、冗談じゃ……!

動画見てワロタwwwwwwこれ欲しいwwwwww
とっつきMTはいるんだろうか。

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ROBOT魂 エヴァンゲリオン弐号機 | HOME | 削り切られる前に焼き尽くす>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。