流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

むむむ

自虐が気持ち悪い、と言うのは傷口を見てグロいと思うかどうかと似ていると思うのだがどうか。

それが切り傷であれ、擦り傷であれ、刺し傷であれ、気分の良いものではないと僕は思う。
少なくとも他人の傷を見るのは辛いと感じる。
まぁ、自分が傷ついた場合は結構開き直ってむしろ傷口広げているような気もするが(

だから自分は比較的自分が傷つく事自体を怖がっていても、自身の傷口自体はあまり嫌悪していないのかもしれない。
これって自虐になるんだろうか、と少し思った。
多分ならない。少なくとも自分で自分を切り刻む妙な自傷癖はないし。
……ストレスで自傷してるかもしれない。自重しようにも癖みたいなものだから……なんだ自傷癖か。

しかしそれは他者へのアピール的な部分はないと思う。
イラついた時、つい頭を掻き乱してしまうのも自傷と言って良いと思う。
自分に対するイラ立ちや他者へのイラ立ちを自分に当てているだけだ。
それが他者から見て嫌悪感を誘発するものになっているのならば、まぁ諦めて欲しい(マテコラ


昔も今も言われる事だが、物に当たるなと言われる。
物には当たらないようにはなってきていると思う。代わりに自分に当てているが。
根本的にそういうのを無くせって事なんだろうけどそれが出来れば苦労はしない。
が、苦労せず物事が変わる訳でもなし。ただそれを面倒だと思っているんだろう。怠惰だ。

七つの大罪とは言うが、なるほど昔の人はよくこんなもんを考えたと思う。
確かに怠惰は罪だ。他者を頼り不快感を与え、何もせず利を得ようとするなどとは都合の良い。
そんな事ばかりで社会が回る訳でもなし、負の円環とやらを断てる訳でもない。
現状維持と言えば聞こえは良いが、悪い部分もそのままと言う事でしかない。


無に還りたいといつも思うがそりゃ無理だ。
人を関わった時点でアウト。
だからもうそんなもんを切り捨てて開き直れば良いんだろうけど、開き直る前の一撃がとても痛そうで怖い。
だって切り捨てるんだぜ? 指を切り捨てて下さいって言われて麻酔なしに落せる人は凄いと思う。真似したいとは微塵も思わないが。

無に還ったり死ぬと言うのは現実に対して不戦勝を宣言するようなものだ。
だって戦っていないんだから。負ける訳がない。ただそれが手放しに勝利とは言えないだけだ。
そんなちっぽけなものなんて下らないとは思うが、それに固執するのがアレか、最近はやりのキレイゴトですか。
キレイゴトはなるほど強いが「だからどうした」の一言ですっ飛ぶものでもある。
同じように自虐ネタも「だからどうした」の一言ですっ飛ぶ辺り、全く面倒だと思う。


と書いている時点で自虐になるのだろうか。
まぁ気分の良い記事ではないな(
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<年末くらいは | HOME | 翼をください>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。