流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

B壱を久しぶりに読んだ

凄く久しぶりに四巻全部読んだ。

道化師が覚醒するメカニズムはどうも防衛本能らしく、究極の防衛本能は「人間滅亡」とのこと。
道化師は人間じゃないのか、と言われればまぁ遺伝子レベルでは人間じゃないのかと。
ただ人間なのに人間在らざる能力を持った存在を「人間≠道化師」とするなら成立しちゃいますよね。

「お前ら人間じゃねぇ!」って感じの台詞を今まで色んな話で見たり聞いたりした事がありますが、じゃあ人間ってなんぞやと。
正確には「お前らは人間なのに人間以外の生物or物っぽいぞ!」って意味合いなんじゃないのかと。
我が家の猫どもは時折やたら人間臭い行動を取ったりしますがやはり猫です。どう見ても猫です。
遺伝子検査とかしてませんけど多分猫でしょう。

人間らしさ以前に人間の定義自体が人間によって成り立たされている以上、実は結構曖昧なんじゃないのかなとか。
ぶっちゃけてしまえば学者さん方が定義した通りで問題ないような気はします。
ヒトゲノム持ってりゃ人間で良いじゃないとしか。

書いておいて何なんですが、実にアホらしいですね(
人間と言う生物の定義と人間らしさは乖離してるんじゃないかなと。
どちらもまぁ、正解でも不正解でもないんじゃないかと。
ただ公平性を取る為には前者で判断した方が良いんじゃないのかと。
それでも生理的嫌悪を優先してしまうのは、種として新しい強い種に対しての恐怖心なんでしょうね。

正直、人間も道化師もやってる事同じじゃんとしか言いようもなく。
ノフィックスみたいなイカれ野郎が道化師だけかって言われたら疑問ですよね。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<個体値粘って30時間 | HOME | 劇場版マクロスフロンティア>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。