流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

劇場版マクロスフロンティア

観てきました。
ヱヴァ破の時より人が多くて死にそうだった。
新百合ヶ丘とか初めて行ったさ。

以下ネタバレ。
自己責任でどぞ。



>イツワリノウタヒメ
シェリルの事ですが実際はただのスパイ疑惑だったとしか(

>シェリル
「こんなサービス~」が一体何回あったのだろうか。
三回目くらいから数えるの止めた。めんどくせ(
他のキャラにも言えるけど劇場版新設定で印象が少し変わったかな。

>ランカ
中島氏の演技が良くなってた希ガス。
アニメとは違って最初からアルトと知り合いだったり。
取り合えず深秋葉原吹いた。

>アルト
何故歌舞伎を止めてどんな理由で逃げたのか。
それが明らかになったのは良かった。
その意味では感受性の強すぎるキャラなんだろうな。
アニメ本編と比べて若干ランカより?

>ミハエル
メ ガ ネ が 割 れ た 。
でも生きてるっぽい。良かったねクラン大尉。

>クラン
いきなり幼女で出てきて吹いた。なんで学園の屋上にいるの(
最初と最後くらいしかまともに出番ないけど、どちらもマイクローン・元サイズのキャラの魅力は出てたかなと。
ミハエルが生存した事で後編でどうなるかがちょっと楽しみ。逆に乙るとかないよな?

>ルカ
出番の少なさに泣いた(

>七瀬
存 在 自 体 を カ ッ ト さ れ た 。
ここまで潔いカットは久々だぜ。

>ギリアム
orz

>オズマ&キャシー
キャラとしては対して変化なしな印象。

>ブレラ
まさかラストでアルトの援護でVF-27出してくるとは思わなかった。
シェリルの護衛。

>グレイス
まさかの素っ裸吹いた(
目的はアニメ版と同じなのかしら。


>トルネード装備
大気圏内・空間戦闘両用装備?
出番はラストの戦闘だけですが良かったですね。
印象的にはスーパーパックとアーマードの中間?

>新バジュラ
戦艦型と大型で新型が一体ずつ。
戦艦型はカラーリングがギャラクシー。
大型は暗くてよく見えなかったけど多分カマキリ。



一番驚いたのがキャッチフレーズの「歌なんかで銀河が救えるわけないでしょ!」「それでも歌いたいんです」がなかった事か。
それとアルティメットフロンティア同梱のインタビューで河森氏が言っていた恋の決着もイマイチ。
中盤から大きく展開が変わるとは言うけれどそこまで大きくなかったような(
ただ話としてはいらない部分をばっさり切り捨ててすっきり纏めた印象。
新設定も大した違和感がなく自然でした。
戦闘シーンではやはりアーマードと25Gが最高に格好良い。
トルネードも市街戦で凄く動いていたし。

でもあれだ、最後の雪はどう考えても外壁に穴開けられて気温下がったからだと思うんだ(

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<B壱を久しぶりに読んだ | HOME | エヴァはロボットか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。