流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

ニョロボン

色々とガチパの構想を練っている内に「ニョロって強いのか?」と疑問に思って調べてみた。
種族値としては耐久力に優れているものの、格闘タイプとしては決定力にかけている。
しかし特性「ちょすい」で水を無効+自己回復出来る事と持ち前の耐久力から「ビルドアップ」や「はらだいこ」で決定力を強化できる。
「ちょすい」と耐久力、タイプ相性から「みがわり」の展開にはさほど苦労せず、1ターンとは言え安心して積める。
問題は素早さなのだが、「ちくでん」のサンダースから高速バトンしてもらうととても安定する。

今しがた「みがわり」や「ビルドアップ」「はらだいこ」を挙げたが、格闘タイプとしては珍しく「さいみんじゅつ」や「アンコール」まで使える上比較的マイナーなポケモンなのでどんな型か「みがわり」の次の行動まで読みにくい事が挙げられる。
純粋なアタッカーとしてはキノガッサ辺りの劣化になるので補助技や特性を活かして差別化したい。

一番の問題は素早さよりも技スペース。
水物理技が「たきのぼり」くらいで格闘技も「かわらわり」や「きあいパンチ」程度。
「みがわり」を確定技にして後一つを補助技にするなら二つまでしか攻撃技を入れられない。

ニョロボンにわざわざ水タイプをぶつけてこられた場合、ほぼ電気技などの効果抜群技が飛んでくる。
もしくは防御特化の受け型か。
水+格闘だとどうしても水タイプの突破は困難になるので先に水タイプは潰してしまいたい。
技の候補としては飛行タイプの交代読みで「れいとうパンチ」や格闘技を読んでのゴーストタイプに「しっぺがえし」など。
両刀にしても良いのだが、「ハイドロポンプ」の半端な命中率があまり好きじゃない。

でも素早さ低いからフォーカスレンズ持たせるのも手か?


「ハイドロ/気合パンチ/気合玉or冷凍ビームorしっぺ返しor岩雪崩orサイキネor地震or真空刃/身代わり」とか?
「きあいパンチ」使うなら「みがわり」は欲しい。
逆に「きあパンチ」を抜くなら「きあいだま」や「しんくうは」を入れて飛行対策に「いわなだれ」か「れいとうビーム」を。
同じ格闘対決において有利に働く「サイコキネシス」も良いし、交代読み「しっぺがえし」もそれなりに。
「こころのめ」+「ばくれつパンチ」とか。相手がゴーストに交換かを読んで「さいみんじゅつ」など。
でもあれだ「はらだいこ」使うならリスクの少ない「かわらわり」のが良いか。


思ったより難しいポケモンだな。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<意思 | HOME | 破壊による再生>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |