流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

0ガンダムとエクシアと俺とダブルオーで!

ROBOT魂<SIDE MS>ダブルオーガンダムセブンソードROBOT魂ダブルオーガンダムセブンソード
(2009/10/24)
バンダイ

商品詳細を見る


まさかの外伝「00V」からの立体化。
ダブルオーのバリエーション機体、ダブルオーガンダムセブンソード。なげぇよ。

ROBOT魂も一周年と言う事で、初発であったダブルオーガンダムへのリベンジの意味もあるようですね。
手に取るとわかる事ですが、以前のダブルオーとは一線を画すレベルです。


>本体
新規は主に頭部と胸部周辺。
特に頭部は完全新規+硬質アンテナで旧ダブルオーとは別物。
胸部のアンテナ(顔の前)も新規で、軟質パーツですがアンテナは薄くかつ角度が付いてシャープに。
以前はほぼ垂直にアンテナが立っていたので色々干渉する上見栄えも良くありませんでした。
あとはGNドライブ基部の保持力や全体的な間接強度が再調整されています。
GNドライブ基部は回転軸が追加され、バスターソードをつけたまま正面に向けたり、別売りのオーライザーを装備した時にはライザーソード使用形態になれます。
手首にも軸が追加され、以前は角度が付いたまま固定されていた手首の青い部分が可動するように。
更にはパーツ換装で普通のダブルオーにできる膝装甲パーツもあります。
旧ダブルオーではクリアーブルーのパーツで再現されていたGNコンデンサーが設定通りのクリアーグリーンのパーツに変わっています。
全体的には最早別物。

>セブンソード
GNバスターソードⅡは見た目よりも軽く、ドライブ基部や腕部、手首で保持した場合にもあまり負担がかかっていません。
それでいて設定通りの展開が可能です。
ドライブを跳ね上げて抜刀できたりと本体と合わせてポーズには良い意味で困る。
GNソードⅡ・ロングとショートは全て新規。
グリップも差し替えでなく展開可能です。ショートは刀身射出用のワイヤーパーツが付属します。
欠点としては刀身の固定が若干甘く、少し干渉すると刀身が回転しまう事くらい。
正式採用されたGNソードⅡ用の刀身も付属します。
GNカタールはグリップが薄く、保持に難あり。一番残念な部分。
持たせ方で変わってくる事ですがもう少しグリップは厚くても良かったのでは。そうすると手首で保持する場合に持たせ辛いか?
ビームサーベルは設定通り。長刀身が二つ付属。基部も展開。


ブランド一周年記念と言うだけあって、元のダブルオーとは技術や作りこみの妥協点が全く変わっています。
良い意味で暴走し続けるROBOT魂にはもっと暴走して欲しい。
細かい部分ですが、ソードの刀身や本体のスジ彫りにスミ入れしてやると良いかもしれません。
まだやっていませんが、1/144のGNソードⅢがそのまま使えるらしいです。オーライザーはどこだ。

出来るならケルディムガンダムサーガことセブンガン辺りも立体化して欲しいなぁ。
スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<考えても考えても | HOME | 構想が固まった>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |