流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

構想が固まった

ガチパの構想をある程度絞った。

できるだけ鋼を組み込んだのだが、雨パ砂パにおける鋼は立ち位置が難しい気がする。
砂パはそうでもないのだが、雨パは下手すれば水タイプの決定力を上げてしまい、等倍で波乗りやハイドロ食らう危険性がある。
更に雷が絶対ヒットになるだけでなく、「天の恵み」を持つハピナスやトゲキッスの雷は六割で麻痺にさせられる。
機動力を削がれるデメリットは幾らタイプ耐性があっても看破しかねる。
ハガネールなら雷を無効化できるが、特殊水技で即死乙だ。
苦手とする炎技を0.5倍で受けられるメリットと機動力を削がれる、あるいは相手に強力な技を乱発させるデメリットはなかなか割に合わない。
逆を言えばハッサムのバレットパンチなんかで一撃K.O.すれば問題はない。機動力を削がれる前に落とせば良いのだ。
が、それだって相手によるし交代読みで波乗りやハイドロ直撃は痛すぎる。

と、色々考えた。
結論から言えばやられる前にやれ。機動力こそが勝負の鍵だ。
と言うとデンリュウだとかの「静電気」や「毒の針」なんて言う受身型特性の餌食になりかねない。
幾らでも想定が出来る分、そこから吟味するのは難しいが面白い。



因みに砂パの場合は相手の「砂隠れ」特性の回避率を上げてしまうデメリットがある。
あと岩タイプの特防が1.5倍補正受けて防御耐久特化ツボツボの突破が面倒になるくらいか。
鋼自体には「砂嵐ダメを受けずに戦える」以外のメリットはない。
それをどう取るかによるな。



まぁ、それはともかくだ。
取り合えずやってなかったカントー制覇してきますね(マテ

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<0ガンダムとエクシアと俺とダブルオーで! | HOME | 取り合えず>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。