流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガンダムOO 第十九話 絆

もう駄目だ。
何が駄目って、種死が。
こんなに上手く脚本を纏められる作品と、全て丸投げして一応格好良い台詞言わせればおkな作品とを比べるのもおこがましく感じられるくらい。
全てが悪いとは言わないけれど、ここまでくると明確な差を感じずにはいられない。



>刹那の戦闘技術
スローネツヴァイのGNファングをダガー&ショートブレイド投擲、更にサーベルで撃墜。
なんと言うか凄い。
ほぼ初見の兵器相手にここまで立ち回れるのもだけど、瞬時に投擲する武器を投げ易く剣戟には(対MS戦においては)向かない短剣にするのも、三次元戦闘における空間認識能力も高い。
刹那の本気はグラハムに並ぶくらいなんじゃないか?


>絶望フォーメーション
フォーメーションがあったのはなんとなく想像出来てました。
と言うのも近接援護のエクシア、遠距離援護のデュナメス、アタッカーのキュリオス、砲撃・防御支援のヴァーチェと少数部隊で組むには充分な機体特性があったからです。
今回使われたフォーメーションは、

『防御力の高いヴァーチェを先頭にし、機動性と近接格闘に強いエクシアを後衛。
敵の攻撃を誘いつつエクシアが突撃、更に反撃をヴァーチェの広範囲砲撃でカバー』

当然次の一手は機動性の高いエクシアによる追撃。
ティエリアもまさか刹那とフォーメーションを組むとは思わなかったようですが、なんだかんだで似た者同士ですな。


>ナドレの本分
早い話が『対ガンダム用安全弁』。
ガンダムは基本的にヴェーダへのリンクを行っていると思われるので(機体制御自体はマイスターが行っていますが)、そのリンクを強制的にヴェーダもといティエリア主導にすると言う機能。
ガンダムに唯一制裁を下せる存在って事でしょうか。
しかしアレハンドロの嘲笑と共にシステムが停止した事を考えると……黒幕はこいつか?


>俺がガンダムだ
最早言う事なし。
ここまで単純明快に説明出来たのは言わせた人が言わせた言葉を理解しているから。
しかし兄貴、『ガンダム馬鹿』はひでぇよ。ガノタよりマシだけど。


>擬似ドライヴ
南極にいっぱい。
来週はガンダム祭りでスローネが攻撃されてますなぁ。
と言うかガンダムなのか?


>ラグナ
企業か。
どうもCB傘下の企業体みたいですが、こいつらがヴェーダへのハッキングを行ったのか?
トリニティはラグナ直属っぽいですが、来週の予告を見るに更に分裂しそうだ。



残り六話。
GNアームズまだー?
スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HGティエレン 宇宙型 | HOME | 目標を狙い撃つ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。