流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

11eyesを観たんだが

今更アニメ11eyes観たんだが、MASAさんと八割方同じ感想(
第一話のパンツっぷりはなんだ。どこぞの救世主でも呼ぶのか。

ゆかの「菊理さん」発音がなんか違和感あったり、当の本人が並行世界干渉してるのか背後霊化してたり。
みりん先輩にもやっぱ違和感が。刀出す台詞が省略……orz
ただ、ゆかは予想していたより上方修正入っているのかなぁと。
冒頭の菊理スプラッタは完全に予想外だったし、そこらへん変えてくるのかしら。

賢久と雪子が既に知り合いっぽいのが気になる。
あと、賢久の態度はマイナス補正かけたのワザとかなぁと。
典型的な不良が雪子に以下略な展開でも狙うのかしら。まだ根元の部分が見えていないので微妙。
栞が原作でタワーの事を聞くシーンで無言だったり背後霊菊理を見ていたり、なんか半端な高さで町を見下ろしていたり。
お前は一体何に乗っているんだ(

戦闘もいきなりスペルビアが出てきたりと飛ばしてる印象。
水晶の間ではアケディアに術が相殺されていた気がするんだが、アニメでは使えなくなっていたな。
12話構成だから飛ばしてるんだろうけど、あれだけの長さのシナリオを詰め込んで破綻しないかがちょっと心配だな。

……12話構成だったっけ?(
大体そのくらいが15話、長くて25・26話か。
スタートの段階で色々変わってるのでまだなんとも。

とりあえず毎度OPとED曲には恵まれてるなぁ。
で、操さん何やってンすか。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<取り合えず | HOME | そうだ、俺が―――!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。