流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

目標を狙い撃つ

我ながら酷いと思った。
何が酷いって、武器とモンスターの相性が。

だって久しぶりなのに血笛で村包囲陣10分切れるっておかしいよ。
因みにガンで行ったら軽く20分越した。酷いね。

間違いなく相性あるよね、これ。
まぁ、アクションゲームは往々にして相性が出てくるもんですが。

問題はだな、この相性が属性を凌駕しちゃうって事だ。
ぶっちゃけ蟹には無属性で行こうが火だろうが、雷だろうが氷だろうが龍だろうが打属性ならほぼ問題ない。
せいぜい怯みの調節に手間取る程度。
結局は打属性なら蟹は無問題なんだね。

ボウガンに限っては属性攻撃数が制限されてるから事実上ほぼ無属性で攻撃してる事になるんで今更だけど。
ボウガンの場合は極端に得意な相手ってのがバサルくらいなんだよなぁ。
だからあんま目立たないのかもしれない。


んで、その腹いせに村のダオラにグラロアで行ってきた。
取りあえず貫通調合撃ちで龍風圧ブチ抜いて叩き落した。
閃光は持って行かなかったので多少面倒だったけど、飛ばれても移動せず続行。
どうも二回目で弱っていたようで10分くらいでさっくり討伐。
しかしスコープで狙い撃つ感覚は久しぶりだ。
因みに自分は簡易照準がほぼ全くと良い程使えません。
と言うかスコープを覗く事に意義があると思ってるので。
わざわざ簡易照準使うくらいなら散弾撃ちます。


年々増えるモンスターは皆俊敏で狙い撃つ暇がない。
新モンスターで登場が確定したヴォルガノスも魚のクセにやたら動きが俊敏だそうで。
黒グラくらいどっしり構えて的になりつつも一撃必殺を狙ってくるタイプのモンスターの追加はもうないんだなぁ、と。
ナルガはもうどう見ても速そうだし、ヒプは論外。


……仕方ないから、老爺さんの顔でも見に行くか。
スポンサーサイト

MH | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ガンダムOO 第十九話 絆 | HOME | なんと言う失態だ……!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |