流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

停滞

もしかしたら自分は自分に疑問を抱いた日から止まっているのかもしれない。
延々と続けた現実逃避の果てが停滞なんだろうか。

生きると言う現実も、
死ぬと言う現実も許容できないゴミのような人間がのらりくらりと生きている。

こう書いてなお他人事のような気がしてならない。否、他人事なんだろうな。
自分で自分がわからない。



全てが無駄だと思った時。
本当に何もかもどうでも良くなった。
正直に言えば日本の行く末だとか政権だとかネタでしかないし、自分の未来とかどうでも良い。
明確なビジョンがあるとかないとかじゃない。自分自身に期待していない。
自分を認めたいと思わないけど、認めていない自分を認めてる。

甘ちゃんだと思う。
他人の血を見るのが嫌だ。自分の血を見るのは案外平気だ。
自殺願望がある訳でもないし、自己犠牲でもない。
ただ何もない。
何もないなら死ねば良いのに死ぬ勇気もない。
無気力だ。


他者を否定せず自身を否定せず、ならば何を否定するのか。
現実を否定して逃避しているだけじゃないのか。
全てが無駄だ、なんて責任転嫁しているだけじゃないのか。
無駄だから何をしても良いのか。それは違う気がする。
でもやはり最後には何もなくなるから無駄なんだとも思う。

友人から首を絞められて一体何なんだと。
結果が出なくて一体何なんだと。
それを免罪符にしているだけなんじゃないかと。

書けば書く程嘘くさい。これは本心なんだろうか。違う気がする。
だって何も感じないもの。

何でもかんでも理由つけて責任転嫁して、責任嫌いだからって投げ捨てて。
結局確固たるものがない。


僕が僕である理由はどこにあるんだろうか。
与えられるものなのだろうか。考えて見つかるものなのだろうか。
ただ自己満足の為に生きているのだろうか。何か別のものの為に生きているんだろうか。

我が強いのだろうか。それとも希薄なんだろうか。


僕は一体なんだ?
なんでこんなところでこんなもん書いてるんだ?
あぁでもどうせ大して意味はないんだろう。自己満足なんだろうな。

あぁくそ、面倒臭い。
サジ加減とか嫌いなんだよ。
なんで他人の目を気にしてるんだ。嗤われるのがそんなに嫌か。
嫌な事から逃げて何が悪いんだ。
他人に迷惑をかける? 好き勝手にやってる奴の迷惑は良いのかよ。

そう言って自分も好き勝手やってるんだ。みんな好き勝手やってる。
自分が納得できる形で自分を創ってる。

じゃあ僕は僕の望んだ自分になれないから自分がどうでもよくなったのか?
そんな現実が認められないから逃避してるのか?

もし、とかそんなものを夢見ているんだ。
もし背が高ければイジメられなかったか。そんな事はない。
もし太っていれば喧嘩に強かったか。そんな事もない。
もっと人を好きになれたか。わからない。

ifってのはありえないからifなんだ。
結局は現実逃避。
僕は一体何を目指したかったんだろう。

他人を傷つけるのは好きじゃない。自分が傷つくのも好きじゃない。
ならどうしたいんだろう。
そうだ、何も感じなくなれば良いんだ。

僕は何も感じたくなくなりたい。
そうすればきっと人の目線なんて気にせず生きられるだろうから。
自分のやりたい事を精一杯やって自己満足に浸っていたい。
あれ、でも僕のやりたい事って……なんだっけ?

何も感じなくなろうとしたらいつの間にかそれが目的になってたんだ。

目的がなくて手段がある場合。
つまり、何もないんだ。
目的がない。目指すものは何か。それが目的?

いつの間にか見失ってたんだな。
一体僕は何がしたいんだろう。
僕は僕に期待していない時点で自分を見限っていたんだろうか。



生きる目的はどこだ。
いや待て、それは探す必要があるのか?
無気力で怠惰な自分に安心しているのに。
それが結論? これがなりたかった自分?
それでいい気もするし、よくない気もする。

わからない。
このままでいちゃいけないと思う自分とこのままで良いと思う自分がいる。

このままじゃいけない。
けど、どうすればここから出れる?

簡単だ。目的があれば良い。無気力で怠惰な自分なんて鼻で笑えるような自身に誇れる自分を持てば良い。
で、それはどうやったら見つかるんだ?


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<適応 | HOME | ガンダム戦記>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |