流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HG1/144 ガンダムスローネ アイン

HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2008/02/09)
不明

商品詳細を見る


ヨハン「ミッションを続行する」



これに続くツヴァイ・ドライと、ある意味コンパチ前提仕様なのか色分けがorz

>頭部
顔面は一体成形でシールでカメラを。
トサカとアンテナは別パーツ。
……ツヴァイとドライの頬は放置確定ですか?

>胴体
擬似ドライヴは平面にシールを張って球体クリアーパーツを被せる新方式。
個人的にはこっちのが好きだなぁ、再現としては。綺麗だし。
肩は形状上の都合か単関節ですが問題ありません。

>バックパック
GNランチャーと接続アーム、専用バックパックの構成。
専用バックパックはツヴァイ・ドライとの連動システムを再現。
三体買わせる気満々だぜおい。
右側はランチャーに接続で、接続アームの稼動範囲が広いのでランチャーは「あまり」肩に干渉しません。
左側は軟質ケーブルで左肩のGNシールドに接続。ぶっちゃけじゃm(ry
GNランチャー自体はグレー一色。なんだこれ。
しかし非展開時でもスローネの全長並のでかさがあるのですげぇ。
展開すると約27cm。でかすぎる。

>腕部
新しい構成ですが、単関節で肘はそこそこ。
前腕部にはツヴァイ・ドライに装備されるGNビームハンドガン用の穴があります。
肩にはGN粒子制御ブレードとGNビームサーベル。
例によってビーム刃は付属しません。
ヴァーチェのが使えますけど色違いますしねー。
制御ブレードは色分けされてません。なんでや、黒一色なのに白一色って。
左肩のGNシールドは悲惨の一言。ほぼシールで色分けです。これはねぇよ。

>腰部~脚部
腰部は普通(
脚部は一見すると逆間接に見えなくもない形状。
と言うか間接を全て曲げると逆間接にしか見えない。
接地面積は小さいですが、良く動くので結果的に自立させやすいです。
これはなんだろう、地上戦で跳躍力を上昇させる為の構造なのか?
でないと関節が逆に脆くなるんじゃ……。

>武器
色ひでぇ((((
GNビームライフルも色酷い。
ほぼ黒一色です。
ランチャーとの接続ギミックがありますが、肩の形状上稼動範囲がかなり限定されます。
後は酷いビームサーベルだけです(


色分け酷いけどデザインや稼動範囲は広くて良いなぁ。
あと思った以上にGNランチャーがでかくて迫力あるわ。
次はツヴァイか。GNファングどうなるんだろう。

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なんと言う失態だ……! | HOME | 武器腕とミサイル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。