流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ザンライザー

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2009年 10月号 [雑誌]Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/08/25)
不明

商品詳細を見る



ホビージャパン10月号の大きい付録、GNR-010/XNザンライザー改造キット。
キット単体は白成形で、別売りのHGオーライザーやダブルオーガンダム、ダブルオーライザーやトランザムライザーが必要。
あと他三機(+セラフィム)とも合体可能な素敵外伝メカ。


>ザンライザー
シルエットがどことなくトレミーっぽい。
大型クラビカルアンテナが少し外れやすいけど許容範囲内。
サブアームはいつでも展開可能。GNソード2やサーベル、その他火器を持たせる事もできます。

>ザンダブルオーガンダム
ザンユニットのみをダブルオーに装着。
結構軽めなので自立もできますが、GNバスターソード3長ぇ('A`)
バックパックの面積をかなり取っているのでGNドライヴの可動範囲がかなり制限されます。
GNバスターソード3は連結させても単体でも持たせられますが、連結はグリップを垂直にもてないので傾き、単体は連結を考慮してグリップが薄いのでスカスカな感じ。
剣自体はかなり軽いです。

>ダブルオーザンライザー
背中のボリュームが以下略。
GNバスターソード3のお陰で自立余裕でした(

>バインダーを00ライザー風につける
とGNドライヴの可動範囲もそれなりで、見てくれも個人的にこっちのが好き。
バスターソードとソード、バインダーがまるで羽根に見える。もしかしてこれって狙ってやったのか?
サブアームが可動するのでサーベル持たせて四刀流とかできます。



あとは他の機体にもつけられるんですが、セラヴィーにバスターソードは意外と似合うなぁ。
組み合わせ次第でなんでもできるのはプラモの醍醐味。
二体あればもっと遊べそうなんだけど、同じ雑誌二冊買うのはないわー。


しかしあれだ、こういうのを500円くらいで市販してくれれば良いのになぁって思う。
まぁ、原価と合わないんだろうけど。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<季節がずれてる気がする | HOME | 教訓を一つ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。