流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地球防衛軍3

FPSではなくTPS。
なんとなく以前ちょろっと耳にしたので中古で買ってみた。


内容は題名の通り、

「突如現れた未確認飛行船団から投下された巨大生物などから地球=人類を守るゲーム」

プレイヤーはゲーム中"ストーム1"と呼ばれる。最初は全くわからなかった(銃声

話の内容としては結構リアル。
全体を通して人類が劣勢で、アリ型巨大生物、クモ型巨大生物、巨大生物の王、ウルトラマンに出てきそうな巨大怪獣、そのサイボーグ、二足歩行型メカに巨大四足歩行型メカ、浮遊型ガンシップ、輸送円盤、マザーシップと普通に人類勝てる見込みなし。
特に厄介なのは二足歩行型。
ガトリングにプラズマ砲となかなか面倒な相手。

武器はアサルトライフル、ショットガン、スナイパーライフル、ロケットランチャー、ミサイル、グレネード/グレネードランチャー、特殊武装。
戦闘時は二つの武器を携行できてリロードあるけど弾は(一部を除いて)無制限。
扱いやすいのはアサルトライフルとロケラン。
ロケランは長距離砲撃から近距離まで幅広くこなせる上に威力もある。
特に最後の方で手に入る奴が二足歩行型も一撃。強すぎるわ(
グレネードは高威力型が手に入ると本領発揮。誤爆すると即死だけど。
特殊武装は火炎放射器から設置型オートマトン、かんしゃく球と曲者が。
設置型オートマトンは使いようによってはなかなか面白い。弾幕張れるし。

操作も易しくて久しぶりに時間忘れて楽しめた。
うん、やっぱアクションシューティング系が性に合ってるわ。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<空の境界 忘却録音 | HOME | 日本の玩具に掛ける熱意は異常>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。