流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今度は

00の1stシーズンを読んでます。
アニメと違う所が結構多いなぁ。
というかグラハムはこの時点でブシドーになるのが決まっていたのかしら。

クルジスでのソランとか、やっぱガンダム=神って思ってたのね。
軌道エレベーターとか静止衛星とか色々説明入ってて面白い。



個人的に思うんだけど、ガンダムって人の理想と本質を含んでるよなぁ。
理想ってのは現実にないもの。本質ってのはどうしようもなく変えられないもの。
でも理想ってのがあるから人は生きられるし、どうしようもなく変えられないなんらかの基準があるから人は確立出来ると思う。
ガンダムは空想上の兵器だ。つまり「こんなのあったら良いのにな」っていう理想。
それと同時に兵器である以上、劇中で人を殺す。これは兵器としての本質だ。
その両方を体現するからガンダムってのに意味があるんじゃないかなー、とか思った。


こういう事を考えて、ほとほと人間ってのは矛盾の塊だと思い直した。
誰だって矛盾してるのに無矛盾を求める。しかも他人に。
合理性と非合理性を持ち合わせたジレンマ。

自己責任って、かなり使い勝手良いよな。まぁ、他人に宛てる言葉ではないのだが。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シークレットゲーム | HOME | ポケットが虹でいっぱい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。