流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

製作中

製作中1

どうしてもアルケーの後に作りたかったけど何故か売っていない。
なので開き直ってホワイト・グリント製作中。
肩関節部のパーツを間違えた方向で接着してしまい、一度ぶった切って外し、また接着。
なんとか形は正位置と同じに見えるので良しとする。

脚もまだ完成していないけど非常に組みやすい印象。
オーギル先生も組みやすかったけどなかなかどうして、コトブキヤの進歩は目覚しい。
特に腕部は他機体と違ってEX(肩装備)を付ける為のポリキャップを仕込む必要がないのでオーギル先生と比べてもパーツ数が少ない。
OPカラーを再現するにはPA整波装置のフタを白く塗装したりしないと駄目。
稼動に関しては肘は90°ほど、膝も100°前後って感じ。
まぁ、AC自体そんながしゃがしゃ動くもんじゃないしな。
黒でスミ入れしてやると締まって良い感じ。

明日はアルケー買いに行った後に製作を再開。出来ればフレームまで組んでしまいたいけどOB……。

スポンサーサイト

AC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<V.I. ホワイト・グリント | HOME | ACLR>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。