流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

絶賛インフルエンザ中

妹のインフルエンザ(A型)に感染しました。


始まりは2/3の早朝1:00。
母が「どうしよう、猫が外に逃げちゃった」と父に泣きついてきたから始まります。
なんでも窓のロックをし忘れて、歯磨きしてる間に猫達がこじ開けて脱出。
総勢6匹が逃げやがりました。

で、それを聞いた自分は同じ窓から外に出て裸足で駆け回って一匹ゲット。
二匹は近くにいたそうで、名前を呼んだら家に入ったそうな。
で、残り三匹が問題児。

一匹は我が家の長男坊で全身病巣。股関節が外れる寸前の困った野郎。
一匹は遊び人で車の下でごろごろごろごろごろごろごろ。出てこいやこのデブ。
一匹は我が家において一番の下っ端。元野良で土地勘バリバリ。

まずは車の下にいたデブを捕獲。棒で追い詰めて自分が腕掴んで引っ張り出しました。
んで、次は長男坊。こいつが一番大変だった。

人の家の車の下に行き、追い詰めたと思ったら家の裏を通って見失い、父が捕まえたら爪を立てて再逃亡、最後は人の家の裏にある換気扇の下に挟まってる所を自分と母で挟みうち。

最後の一匹は元々うちを中心とした一定範囲しか移動しない臆病だったので、母がじっと外で待つこと10分。
後からひょっこり現れて無事捕獲。時刻は2:30。

と、こんな事をやってる最中も自分はパジャマだけでクソ寒い外をうろついてたので最初は風邪だと思ったんです。
2/3は眼の定期健診だったんですが、問題は2/4。

喉が痛くて少し熱っぽかった上、妹がインフル治ったばっかだったんで様子見で会社を休みました。
んで風邪薬飲んで寝てたんですが、効かない。むしろ悪化。
そんで2/5。もう完全にダウン。朝方の体温は38.9。
病院行ったら案の定インフルエンザと言われ、タミフル出されました。

困った事にタミフルが効かない。
タミフルの有効時間は発症から48時間以内と言われてます。
んで、発症12時間は反応が弱くて検査しても陰性=感染なしとされるそうです。
自分はギリギリで(本格的な症状が出てから)48時間以内なんですがもう全然。
どうにも予防注射してると本格的な発症が遅れるみたいです。
が、一応今日(2/6現在)には熱が下がってます。治りも早いようです。
タミフルと同時に出された鎮痛・解熱剤の効果の方が覿面でした。









ここまで読んだ貴方に残念なお知らせですが、タミフル飲んでも発狂してません。ご安心下さい(
え、何、もう発狂してるだろうって? またまたご冗談をwww

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<TYPE-HOGIRE | HOME | 祭囃子でナルガ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |