流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HGセラヴィーガンダム

HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2008/11/22)
不明

商品詳細を見る


「高濃度圧縮粒子充填。GNバズーカ、シュート」



>頭部
角は色分けで額はクリアーパーツ。
額の奥にセンサーらしきモールドが……。

>胴体~背中
肩・腰周りの可動はダブルオーやケルディムと同じ。
バックパックが干渉して腰があまり回らないのが欠点。
背部フェイスバーストは差し替えなしで展開。
GNキャノン砲口内はクリアーパーツ。シール(緑)あり。
バックパックとの接続部がヴァーチェと逆、つまり本体側に凸でなく凹があります。

>腕部
ダブルオー・ケルディムと同じ。
肘部GNコンデンサーはクリアーパーツ。

>脚部
GNキャノンはあまり上向きには出来ず。
砲口内は肩同様クリアーパーツ+シール。
足首は干渉するけどそれなり。
今回は膝部GNコンデンサーがないです。

>武装
GNバズーカⅡはシングル×2とツインバズーカ(連結)、更にバーストモード時の砲身展開。
センサー部はクリアーパーツ。
シングル・ツインどちらでも保持がしやすいです。
ヴァーチェのものと比べて軽いのと横幅が狭いのが要因。
サイドグリップは回転出来ます。
肩のGNキャノンと接続してバースト射撃可能。



テストショット見た時から「バンダイ本気だな」と思いましたが、予感的中。
なんかキャストオフ出来そうな構造だったり、GNキャノンとバズーカの組み合わせが面白かったり。
噂の「セラフィム・システム」はどうもヴェーダとリンクしないと使えないそうで。
重武装はやっぱ良いな。





・コメント返信

>cjさん
バランスって難しいですよね。
ある程度のきつさで繋がれていれればそれで良いはずなのに、それを嫌がって自由になろうとする。
それを抑える為に更にきつく縛られる。
最適化には必要なプロセスなんでしょうけど、人は皆結果ばかり求めるもんですね。
スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<損と得 | HOME | I'm thinker...>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。