流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HGケルディムガンダム

HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2008/10/29)
不明

商品詳細を見る


「ロックオン・ストラトス。ケルディムガンダム、狙い撃つぜ!」



>頭部
新型ガンカメラはアンテナと同じパーツで、クリアーパーツを被せる方式。
例によってクリアーパーツは内側から塗装すると綺麗です。
黄色いアンテナは色分けされてます。
安全基準取った方が良いですね、これは。

>胴体~バックパック
胸部のクリアーパーツから察するにケルディム・アリオス・セラヴィーは胸部にもGNコンデンサー装備か。
これも内側から塗装しました。シールは相変わらずの黒いやつです。
ダクト部と背部GNバーニアは色分け。
バックパックはボールジョイントで接続されてるので角度をつける事が出来ます。
GNビームピストルⅡをマウント可能。
まだ劇中で使われてませんが、トランザム時に出現するフォロスクリーンがクリアーパーツで再現されてます。
その為にバックパックのアームを前に倒すんですが、見ようによっては小型GNキャノン……。

>腕部
肩は武装マウント用ラッチあり。肩アーマーと同化したようなデザインなので見分けにくいですが。
右肩にはGNスナイパーライフルⅡを、左肩にはGNシールドビット×2をマウント。
肘関節にはGNコンデンサーがあり、構造的にはダブルオーと同一です。手首のコンデンサーがないだけで。

>腰部
後腰部には太陽炉とGNシールドビット×5を装備。
わざわざ機体外部に太陽炉を配している事から、場合によってはケルディム撃墜を示唆しているという捉え方も出来ますね。
もしくは太陽炉パージor合体。

>脚部
膝関節にはGNコンデンサー、膝アーマー部はGNシールドビットをそれぞれ一基ずつ。
膝アーマーは膝関節に合わせて動く構造。MGと同じやつなんですが、このサイズでかつワンパーツ再現とは恐れ入った。やれば出来るじゃないかバンダイ。
足首は独特な構造。
カカトにアンカーがあるので接地性に問題はなし。

>武装
GNスナイパーライフルⅡは銃身を一度外して向きを変えて着け直す事で三連マシンガンモードに変型。
フォアグリップ、マウント用接続アームが展開。ブレード部はクリアーパーツ。
GNビームピストルⅡはバックパックにマウント可。
成形色が真っ白なので気になる人は要塗装。
手に持たせる時はブリップを90°ではなく少し傾けた状態にするとぐらつきません(体感で110°くらい?)
サーベルを受け止める事が出来るそうですが、小型の斧としても使えるように見える不思議。
GNシールドビットは劇中で使われてませんが全身に配されているものを外し、専用台座に着けて展開状態を再現。
やりようによっては左肩のボリュームが素敵な事になります。



総評として、ダブルオーと同様かなりの出来。
近接武器らしいものがなくても銃器とシールドビットが面白いですね。
次のセラヴィーとアヘッドに蝶期待。


スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ひでぇ | HOME | 腐敗>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。