流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

歪みによる正常

毎度毎度「世界は歪んでいる」とか抜かしていますが、この考え自体は変わりません。
しかし歪んだ上で世界が成立する以上、逆に歪まない人間は異常です。ゴミです。


何故歪むのか。至極簡単な理由があります。
人間とは、生物とは、自身の在り方に疑問を持つ事で成長・進化するからです。

最近、新種のミミズが発見されたそうです。
重金属を食べる彼らは、どうにかして汚染された大地に住もうか考えたんでしょう。
何故そこで生きられないか疑問を持ったのでしょう。
だから彼らは試行錯誤を重ねたはずです。
重金属を食べれる種になる為、もしくは食べれる種を生み出す為におそらく多種多様な食性を持ったミミズがいたはずです。
その中で適合するものが生き残り、適合種が生まれた。
異常な環境に適応する為、自らが異常となる事で適応したんです。
無論、突然変異の可能性もあります。と言うか突然変異が集まって一つの種になったと見ても良いでしょう。
異常な土地において彼らは「土地にとっては自分達の方が異常」とし、進化しました。

人間も同じです。
疑問を持ち、それを乗り越えようとする。
歪んだ世界において、それに適応しようとする。
適応しても、また歪む。適応して、また歪む。これを繰り返す。
その輪から外れた人間は、その世界で生きられません。正確には生きるのが辛いはずです。




突き詰めるところ、「歪み」って言うのは一つの種にとって必要な要素です。

あぁクソ。

生きるの―――めんど―――くせ―――

スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<テンション上がりすぎてパワーダウン | HOME | HG ジンクスⅢ>>

この記事のコメント

突き詰めると適者生存とな(

退屈じゃなければどうでも良いよ(マテ
いつも思うんだが、
退屈なのと辛いのってどっちの方がより精神的に堪えるのかね。
個人的には退屈に一票。
なんと言うか腐る。
2008-10-17 Fri 00:12 | URL | cj #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。