流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HGダブルオーガンダム

HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2008/09/24)
不明

商品詳細を見る


「世界」を変える機体。





謳い文句に違わず、HGと言うジャンルの常識を完膚なきまでにぶっ壊してくれました。
可動範囲は一昔前のMGでは足元にも及びません。
特に足首。180°近く横に動きます。



>頭部
即頭部はこれまでと同じクリアーパーツ。
額が新しくクリアーパーツなんですが、パーツの下にシールを張る事で質感を出してます。
アンテナは上向き二本がシールで色分け。

>胴体~ツインドライヴシステム
肩関節部は新型ポリキャップ。ボールジョイントです。
腰は二重関節。ボールジョイント。
目玉のツインドライヴはこれまた新型ポリで接続。
スラスター部の可動範囲はそこそこ。一応正面方向にも向ける事ができます。
余談ですがGNフィールドを展開出来るとの事。
しかもGN粒子精製量は通常の二乗。多すぎだろオイ(

>腕部
肘は二重関節。
肘と手首にクリアーパーツでGNコンデンサ表現。
手首も二重関節なんですが、個体差で少し手首が緩いかもしれない。

>腰部~脚部
腰部は新型ポリでスカートを接続。
リアスカートにはGNビームサーベルを装備。
股関節は腰部側の捻り、脚側で更にロール可動。
膝は二重関節で膝部GNコンデンサはクリアーパーツ。
足首は二重関節ですが左右方向に180°近く可動します。接地性は抜群。

>武装
GNソードⅡは刀身の向きを差し替えでソード/ライフルモードの切り替え。
グリップは展開可。クリアーパーツで……なんだこの板。
GNビームサーベルは例によってビーム刃が付属しませんがHGジンクスのビーム刃が流用可。
トチってナドレと一緒に買った馬鹿は僕だけで良い。



各部に気になる点が幾つか。

・背中の穴
合体に使うのか、はたまた強化パーツが出るのか。

・シールド
ドライヴや前腕に取り付け用の穴があるのでやはり……。

どうしてバンダイはこういう商売をするんだろう。
お互い気持ちよく売買したいと思わないのだろうか?


とりあえずキットは「凄い」の一言に尽きます。
来月のケルディム楽しみ。本編も楽しみ。

スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<微妙に風邪をひきつつ | HOME | 1/72 VF-25F メサイアバルキリー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。