流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1/72 VF-25F メサイアバルキリー

マクロスF(フロンティア) 1/72 VF-25F メサイアバルキリー アルト機マクロスF(フロンティア) 1/72 VF-25F メサイアバルキリー アルト機
(2008/09/20)
不明

商品詳細を見る


一晩でなんとか出来た。貫徹万歳。



ファイターモード(戦闘機)、ガウォーク(中間)、バトロイド(人型)への三段変型。
手首、シールド・ガンポッド取り付けが差し替えで本体は差し替えなしの変型です。
因みにポリキャップレスで一部金属シャフトあり。

色分けはボディの白、子羽の黒、内装のグレー、頭頂部レッド、センサー部クリアーの五色。
素組みだと頭だけカラフルになります。
写真は面倒なので撮ってませんごめんなさい。

モールドが多く、スミ入れしてやるとマーキングや水転写貼らなくても締まって見えます。



・可動範囲(バトロイド)
腕周りは良好ですが、手首の保持力がそんなに強くないです。
ガンポッドはストック部を腕に押し付けるようにすると良いと思います。
足回りは制限がつきます。股関節軸を伸ばせば良いんですが軸が短いので伸ばしすぎると抜けます。
足首は変型の都合上頑丈なんですが、大腿部~膝関節は変型時に伸びたりするのでちょっと姿勢維持が難しいかもしれない。台座に乗せてしまえばどうと言う事はありませんけどね。
腰はほぼ回らず。構造上、軸で回るようにはなっていますがコックピット部に干渉するので気持ち程度しか動きません。


組立て時間は……六時間くらい? 遅いですね(自分が)
マクロスシリーズは初めて(バンダイキットもこれが初めてのリリース)だったので新鮮でした。
シリーズ共通の難点はマーキングですね……こればっかりは仕方ない。
ファイター形態がなかなか美しいラインなので満足です。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HGダブルオーガンダム | HOME | ボークス行ってきた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。