流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガンダムOO 2クール目突入

短いようで長かった1クール目が終了し、2クール目入りましたね。
一期は2クールで終了なんで盛り上がる……だろうか。鬱展開になりそうな気がする。
まぁギアス二期後に二期目やるんですけどね。


オープニングが結構鬱です。前より動きまくってて良かったですが。
例のトライブリッツならぬ、スローネ隊も最後に出てきやがりましたね。
気になる描写としては、

スローネ登場→ティエリア&ヴァーチェ最大砲火→CB三機vsスローネ→ファンネルっぽいので攻撃

この一連の描写が凄い気になる。
ティエリアがCBを離脱するとは思えないのですが、まずスローネはCB製の機体なんだろうか?

本編においては四基、外伝においては五基あるとされるGNドライヴ。
本編と外伝の差異は実行専門のアレルヤが知らないだけかもしれないので放置します。
少なくとも、
GN-01エクシア
GN-02デュナメス
GN-03キュリオス
GN-04ナドレ(GN-05ヴァーチェ)
GNY(試作シリーズ)
の五基が確認されています。
因みにGNYシリーズはGNドライヴ自体を付替えているみたいで、機体は複数あるけどドライヴは一基だけです。

スローネがビーム兵器を運用するなら太陽光発電送電システムは必要不可欠です。
イナクトが一応太陽光発電に対応しているそうですが、せいぜいプラズマソードがフラッグより長持ちする程度でしょう。
外部からの供給がないなら自家発電するしかない訳で、結果的にGNドライヴ搭載の可能性がある訳です。
核融合炉の可能性も考えましたが、機体が大破した時の環境汚染が酷いので多分ないでしょう。
と言うかOPの描写がモロにGN粒子だし(ぁ

つまり新たに建造されたGNドライヴである可能性が高いと。
わざわざ三基あると言う事、そして同名の機体が三機である事を考えると元から「三機同時運用を前提においた開発」がされたはずです。

そして気になるのが、「近接型」、「遠距離型」、「高機動型」の三機編成だと言う事。
CB製機にも同じ性質の機体がいる事から、もしCB製機であるならGN-01・02・03の上位互換機である可能性もありえます。
因みにファンネルっぽいのを装備してるのは近接型の「スローネツヴァイ」。
多分腰についてるのがファンネルっぽい。

ただ機体デザインが別物である事、何故3vs3なのかがわかりません。
もし三機の上位互換なら、あの描写は「CBの理念を体現した機体と戦うGM」と言う事になるんでしょうか。
その手前で砲火したティエリアがそれを誘発するとか?


自分で書いてて訳わからん。
とりあえず次週はガンダムフルボッコ祭りらしいです。

ユニコーン作らねば。
1/100キュリオス欲しい。
スポンサーサイト

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お前、何してんだ? | HOME | レイアの見境のなさは異常>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。