流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

難しいね

体と心ってのはシンクロしない。
いや、ある意味ではシンクロしている。


例えばだ。
何かをしたいと思っていても体が動かない事がある。不調を訴える時もある。
ストレスで胃が痛いとか、普段気にしないくらいのストレスでも体が過敏に反応してしまう。
この場合、体は足枷以外何物でもない。

逆にだ。
体が明らかに不調なのに行動を無理に続ける。
これは心が悪い。と言うか体調考えろ。


体が先か心が先かで考え方は変わるが、どちらにせよ体と心がすれ違う事は多い。
武者震いだなんて、体が邪魔しすぎだろうとも思う。


何が言いたいんだっけ(銃声
そうだあれだ。

「心の病とは、大概にして体に原因がある」だ。

無論、最初は精神的なストレスが発端なのだが、「心の病」と呼ばれる段階では体が融通の利かない状態に陥ってる事が多い。
精神的には前向きになろうとしても、体がそれを阻害する。
結果として、精神(心)が体に引っ張られて後向きになる。
投薬なんてのは、所詮体をコントロールするものでしかない。
体と心はリンクしている為、相互に影響を受けやすい。

だから精神安定剤なんて言われ方をする。
実際は体を落ち着かせて、それに伴って心身のシンクロを行う為だ。
そもそも、投薬なんぞで人の心を「直接」弄れるのならばモラルの低下なんて問題にならない。
「間接的に」影響を与える程度でしかないってのを認識した上で向精神薬を使わないと悲惨な事になる。


究極的な話、体に負けるか心が勝つかって事なのだが。
しかし心ってのは不安定なもんだから、体の影響をかなり受けてしまう。
これはその人が弱いとかではなく、人間が生まれながらにして持った性質だからどうしようもない。
それを責めるのはつまり「心を軽視している」事に他ならない。

心の強さを均一に出来ると思っているのならば、それはただの思い込みでエゴでしかない。
確かに自分を強く持つ事は必要だろうし、それで解決出来る事もあると思う。
だけど、万人がそう在る事は不可能だ。むしろ在ってはいけない。

「自分が出来たからアイツにも出来るだろう」

こんな夢・妄想の類は捨てるべきだと思う。
むしろこれが諸悪の根源と言っても過言ではない。

人類がこの病巣を抱える限り、精神科の医師は安泰である(撲殺





・コメント返信

>cjさん
予想以上のってか、彼らは市井を知らないのではとすら思えます。
目先の利益ってのを優先する人間が最上位にいるのが一番の問題(

>Rnさん
ですよねー。
実際に万引きされた店の気持ちを考えてみれば、どう考えても起こりうる事が予想出来るレベルですしね。
まぁ、生産量落としてない時点でアレなんですが。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ダブルオーのトランザムって | HOME | 予想はしたが>>

この記事のコメント

変なチャンネル開いて難しいこと考えると頭痛くなりますね(撲殺

突然ですが相互リンク希望です。
タイトル:気まぐれ log ~日記帳~
URL:(h)ttp://talesdadadada.blog19.fc2.com/
管理人:Rn
内容:愚痴とかテイルズのこととかいろいろな出来事とか
説明:最近は毎日更新するようにしてますがわかりません

2008-08-06 Wed 14:38 | URL | Rn #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。