流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

運転に例えると

>cjさん

なんつーかアレです。

理性って極端に言うと仰るとおりブレーキであり、「経験」に基づいた思考回路です。
経験ってのは他人の価値観だとか、実際に触れてきたものとか、色々と。
それらを自身の中で確立出来たものや、それらを自分で構成しようとするのが理性です。
例えばルーチンワークだと感情より経験がモノを言いますよね。
性格とか感情とか、そういうのを極限まで削ぎ落とした価値観が理性。

感情ってのは性格に起因しますよね。
基本的に原動力(=アクセル)になるんですが、実際に感情だけでどうにかなる問題ってあんまないです。
だから上手いこと理性がブレーキかけて調節する訳です。
この時ブレーキが作動しないと犯罪者やらになる事が多い訳です。


アクセル全開にして急ブレーキかけると前に吹っ飛ぶか良くてもタイヤが凄い摩擦起こして止まりますよね。
この摩擦ってのの程度はともかくとして、それを意識し始めると迷いが生じてしまいそれを回避しようとする訳です。
結果としてアクセルを出来るだけかけず弱いブレーキで止まれるように、と。
これが擬似的な統一です。徐行運転に例えると良いのか。

んで、徐行運転って普通に運転するより遅いですよね。安全ではありますが。
周りは普通に走ってるのに、自分だけ徐行。
どんどん抜かれて行くし、追いつきたいと思い始める。
そんでアクセルを開けようとするけれど、それが怖くって出来ない。
この悪循環に陥ってるのが自分(マテ


この時第一印象で「他人が速い」と思うか「自分が遅い」と思うかって話です。
まぁ、他と個の成立なんて生まれた時点で確定的に明らかなんですがね(
精神的な折り合いをどうつけられるかって事……かな。
心の中ではどうしても「この考えって本当に自分のものなんだろうか?」って疑念が湧きます。
多分これが「理性と感情のズレ」です。これに飲まれてます。本当は飲まなきゃ駄目なんですけどね。


現実と理想もそうなんですが、自分が起こした摩擦に自分が耐えられるか。
これが一番難しいと思います。
摩擦を克服出来れば、或いは許容出来れば士郎みたいな人間になると思います。



あとまぁ、サザビー超オススメ(((
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<主は問うた。名はなんと? | HOME | HGUC サザビー>>

この記事のコメント

やはり難しい。
無理に納得しようとすると、
理性は磨耗するものと言う意味合いなのかとも思いましたが。

あと、他人との相対速度ってのは、
端的に言えば遠慮するかしないかって言う感じなんでしょうか。

徐行運転することによって、
そのうち止まってしまわないだろうかと言う感じですかね。
私の意見としましては、
なぜ追いつこうとするのかと言うのは記事にしましたね。
私の思う個ってのは、
士郎で言うならば「美しいと感じた」と言うセリフだと思います。
一切の指標の無い自分だけの基準。
葛藤は人間である以上するべきものだと思いますよ。


あと、サザビーはMGを予定している(
HGはその後かなぁ。
2008-07-10 Thu 20:04 | URL | cj #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。