流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

地球防衛軍4

まだ全然進めてないけどちょいと思った事諸々。


・レンジャー
癖の強い他兵科と比べてかなり快適に動ける。
これまでのシリーズ同様、攻防機全てそこそこのレベルで揃ったバランスの良い兵科。
迷ったらこれ。

・ウィングダイバー
旧名ペイルウィング。
攻撃力と機動力に特化した、防御投げ捨て瞬間火力型兵科。
ENゲージの減りと回復量的にもEN管理が大変な兵科で、EN切れるとかなり辛い。
反面、立体機動による囮役から切り込み離脱まで素早くこなせる。
対地攻撃よりもひきつけ囮役としての適正が高い気がする。

・エアレイダー
新兵科で後方支援特化。
主火器が爆発物なので敵に捕まると大体爆死せざるを得ない状況になる。
砲撃支援やビークル要請で纏まった敵の殲滅や火力底上げなどが主な仕事。
その他回復や防御スクリーンなどもある。
完全にオンライン仕様な兵科。シングルでも使えなくはないけど、オンのが良い。

・フェンサー
インセクト・アルマゲドンで出たやつの4版。
攻撃と防御に特化したタイプなのだが、操作法自体も他兵科と違う。
挙動も慣性が強くてクセがあり、火器の多くもリコイルでまともな狙いが難しい。
他兵科にない近接格闘装備とシールドがあるのも特徴で、装備アビリティのブーストダッシュで切り込んで敵陣をかき乱す突撃役。
武装を2セット積めるので、装備アビリティの組み合わせで近接特化・砲撃特化構成にもできるのが特徴。


フェンサーが予想より扱いづらい兵科だったけど面白い。


あと原付かったった^q^

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |