流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新劇場版考察:破

そもそも、作中に出てくる「リリスとの契約」や「人類補完計画」、「諦観された神殺しの儀式」ってなんぞやと。



①人類補完計画

旧世紀版では郡体でありリリス由来の使徒である人類=リリンをアダム由来の使徒と同じ生命の実を持った単体生命体へ昇華させるのがゼーレの目的だった。
もう少し砕いて言えば知恵の実を持って生命の実を成す、みたいな感じ。
実際はシンジが途中で自我を取り戻した為不完全に終わったが、アンチATFによる自我境界線の消失と黒き月とリリス側のガフの部屋を解放する事でリリンの魂を一つの纏め上げた。

Qではインフィニティなる人工進化生命体が不完全ながら誕生しており、沢山いる事と名称から知恵の実+生命の実で生まれた存在であると推測できる。
多分旧世紀版のように郡体生成能力のあるリリスに生命の実を持った生命体生成能力を持ったアダムスor使徒(自律エヴァ含む)を結合したんだと思う。
ただ旧世紀版と大きく違うのは、アンチATFによる自我境界線の消失規模が不完全なのと、巨大な単体生命体ではなく、郡体でかつそれぞれの個体が生命の実を持った存在である事。
より人間をそのままグレードアップさせたような生命体への変化が起きているので、新劇場版では補完計画の終着点も別のものになっている可能性がある。


②リリスとの契約

序のラストでちらっと出てくる単語。
死海文書に記されているようで、補完計画に必要なもんらしい。
それ以降、全くそれっぽい単語が出てこないのでかなり意味不明な契約。

ドグマか月の個体がリリスだと思うので、それぞれの動きを。

ドグマ→槍刺さってる→Qでは首ちょんぱで首は発令所にある→ついでにドグマを結界で覆って密室殺人状態→槍を抜いたら首と本体が完全に死亡。形象崩壊

月→発掘されたっぽい→Mark.6に魔改造される→カヲルが乗る→槍投げて初号機を停止させる→自律型に改造されてドグマに投下後、何故かリリスと一緒に槍を刺して機能停止→槍を抜かれて再起動→何故か第12使徒として覚醒→第13号機を取り込んで3rdの続き起こそうとしたら逆に食われたでござる

Mark.6ェ……。
第1使徒であるカヲルが第13使徒に堕ちたようにリリスorアダムスも第12使徒に堕ちたのだろうか?
となるとリリス死亡なので契約も当然……。


③諦観された神殺しの儀式

神殺しとはヴンダーの事で、おそらく本来の主であるMark.9による制御奪還・無力化を……と思ったんだけど、あれはゼーレのダミーでやってる事なので違う可能性あり。

諦観とは「諦めて悟る」「完全に知る」って意味の言葉。
つまり「神が殺される事を諦める」と言う意味か「神殺し(ヴンダー)が神を殺せない事を悟る」儀式。
前者だと神を殺して自分が神になる的な解釈が出来て、後者だと完成された神=補完計画の集大成を揺ぎ無いものにするって感じだろうか。

シン化したエヴァもプラグ内の依代が死んだり強制排除されると活動停止するので、弱点は存在する。
それ以外にも槍で貫いたり色々。


スポンサーサイト
ヱヴァ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。