流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

朝一で行ったけど最初の上映での席がアレだったので二回目に。
ありとあらゆる意味で「破」でしたが、原作=アニメを崇拝する方はあんま好きになれないかもな。
軸はエヴァとしてブレてはいないけど、演出では賛否両論だろうな。特にラスト。

取り合えずレイとアスカが凄く良かった。最後はシンジが凄い頑張った。さすが主人公。
もう一度見に行く気満々です。


一応ネタバレは「続きを読む」で。
ただし、これ読んだからつまらなかったとか言われてもどうしようもないので覚悟をば。




まぁ、こんな所に好き好んでくる人は極少数だとは思うのだが(
個人的な考察も込みで。


このおーぞらーにつばさーをひろーげとんでーいきたーいーよー♪




ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破…の続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGスサノオ

HG 1/144 スサノオ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 スサノオ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2009/06/20)
不明

商品詳細を見る


「私はこの為に生きてきた……。
例えイノベイターの傀儡に成り果てようとも、この武士道だけは!」


>頭部
白いマスクを外すとフラッグの顔がご開帳。
ただし黒成形なので塗装が必須です。あと白マスク外れやすい。

>胴体
肩関節は二重。
トライパニッシャーの為、胸部から上が一段上に上がるギミックがあります。
これを使うと背を反らすことが出来るのでなかなか良い感じ。
首の後ろにはサキガケ同様のケーブル。背中のユニットはGNコンデンサーだそうで。でかいわ。

>腕部
ボールジョイントを多用していて非常に表情がつけやすい。
トライパニッシャー用の装甲展開可能。
右手だけで平手があり、左腕にはガントレット装備。
あと肩関節部にケーブル接続の穴があります。これは左腕のみ。

>腰部
胸部とGNドライブ兼用バインダーを重ねて股間部に取り付け。きちんと腰は回ります。
PC小ボールジョイントと大ボールジョイントでバインダーはそれなりに動いてくれます。
バインダー内側には実体剣をマウント出来ます。
クロー展開は差し替え。

>脚部
設置性は良好。股関節はPCボールジョイント。
上半身等を含めて軽いので立たせるのも余裕。

>武器
強化サーベルは長短二種で、短い方が右手に、長い方が左手にくるようです。
因みにマスラオの剣はそれぞれ「ダリル」と「ハワード」だとか。フラッグファイターorz
剣は柄の部分で接続可能。平手と合わせてお楽しみ下さい。
ビームチャクラムは透明のクリアーパーツ。要塗装。


どことなくフラッグの面影が……ではなく怨念かよ! と突っ込みたい。
可動域は予想外に広く、特に背中を反らせるのは完全に予想外。
左手とプロポーションの良さでとても格好良いです。
色分けと部分的なパーツ変更でマスラオが出ても文句言わない。これは良いものだ。
欲を言えばフラッグフェイスにシールかクリアーパーツが欲しかったな。

ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |

面倒だから

とっとと計画ごと潰れてしまえ。

面倒面倒あぁ面倒。潰れて潰れてぺったんこ。
白か黒か決められないなら叩き潰してしまえんやこらさっさ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HGUC Hi-νガンダム

1/144HGUCHi-ニューガンダム1/144HGUCHi-ニューガンダム
(2009/06/13)
不明

商品詳細を見る


ある意味バンダイ設計陣の英断意欲作。




>頭部
額、頭頂部、マスク部、顎、垂直アンテナの5パーツ成形。
νガンダム同様に組みやすさと形状の良さの維持はさすが。
後述しますが、マスク部のB-2後頭部のすそ部を削ることで首の可動を柔軟にしました。

>胴体
機体全体のスプリンター塗装はパーツ分けで再現されています。
肩軸はMGに近い構成です。
前記した後頭部すそ部分と合わせて、エリを削ってやると首の干渉が緩和されます。

>腕部
元機同様左右非対称の腕部。
右腕はマシンガンのマガジンの取り外しが出来ます。銃口もパーツ分け。
そして左腕の予備サーベルですが、内部モールドのみになっています。
スペース的に出来なくはないと思うのですが、パーツ点数を減らそうという狙いがあるんじゃないでしょうか。
今回は左手でもサーベルが持てるようになりました。初めからやれよ。

>脚部
股関節は充分開きます。とは言え、HGダブルオーと比べるのは基本的に間違いですが(あっちは可動優先のデザインっぽいので)
若干太めの印象があります。もう少しスマートじゃなかったっけ?

>武器
ビームライフルとバズーカはガンメタの一色です。
サーベルはバックパックのラックに収納し、刀身は長短1つずつで両端につけられます。
フィン・ファンネルは変型できるものが二基、固定が四基という潔い構成。
パーツ点数を減らす狙いもあるのでしょうが、実際問題、六基を一斉に飾るってことはそうそうないですし、同型武器を六基も作るのは大変です。
固定タイプは本体側に固定ですが、変型タイプはどこにでもつけられます。
やはり六基欲しい気もするけれど、作るの大変だなぁって感じ。

>可動範囲
キットそのままだと首がエリと干渉して横に向け辛いです。
なので後頭部すそとエリを平ヤスリやデザインナイフで削って調整すると良いかも。
他の可動範囲は良好で、腰はボールジョイントが胴体側に埋まる感じで配置されています。


フィン・ファンネルに関しては思い切った仕様だな、と思いました。
コストの関係もあるんでしょうけど、人によって賛否両論って感じですね、これは。
個人的には面白いアイデアだと思いました。
あと左手。ちゃんとサーベル持たせられて良かった。なんで元機にはないんだよ。


ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0 |

つらいよこわいよめんどうだよー

1人でいる時と独りの時って感覚違うよなーとか。
やっぱ人間ってこえぇよなーとか。
ちょwwwwwトラウママジ勘弁wwwww死ぬwwwwwとか。

特にトラウマは参った。ガチでスイッチ入って貧血とかあんた。
人口密集地はキツイな。どうにも被害妄想からの不信感→自己嫌悪→不信感のループから抜け出せない。
人を信じようとしても人間は信じられない。とんだジレンマだが、しようがないな。
人を信じる自分が信じれないのも問題だな。それでもその信じられない自分ですら信じられない。
なんだからっぽか。なんか袋の気持ちがわかった気がしなくもない。

ここはもうA.T.フィールドとPAを出力全開にするしかないな。

でも独りでいるとあぁくそめんどうだ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。