FC2ブログ

流星の曲がり角

流星とは本来曲がるはずのないもの。それが曲がるって事はつまりブラックホールだよねコレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GODZILLA 決戦機動増殖都市

色々批評されてる問題作。





GODZILLA 決戦機動増殖都市…の続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

火刑カタリナ完成形

レベル150

生命力:30(+5)
集中力:24
持久力:28(+5)
体力  :42(+5)
筋力  :18
技量  :18
理力  :60
信仰  :12
運   :7

右手:直剣(愚者or結晶ロス直・結晶ロンソ)、賢者の燭台
左手:盾(ロス騎士盾、渇望盾、霊樹盾)、火刑、愚者or結晶セスタス(重量調節)



指輪;寵愛3、虜囚、吠える、古老2

記憶スロット:強矢、強深みor大澱、二枠自由(結晶槍、結晶塊、奔流、瞬間凍結)


速剣や古き月光を廃した代わりに右手に直剣を持つ構成。
速剣のように軸が少しでもずれていると当たらないなんて事がなくなる上、近接火力も十二分にある。
理力60を確保した事で火刑の魔法威力修正は220に。
代償として基礎パラにしわ寄せがきているので虜囚で強引に底上げする形になった。
白をやる場合は古老2を幼い竜印に変えて火力を底上げする。

とりあえずレベル150の火刑カタリナはこれで完成形としても良さそう。


ダークソウルシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

特大剣の立ち回り

①強靭(スーパーアーマー)を被せる

基本中の基本。攻撃モーションすべてに強靭つくので殴り合いに持ち込む。
ただし攻撃と攻撃の間には強靭が途切れるタイミングがあるので何も考えずぶんぶんすると差し込まれるだけになるので注意。


②パリィ可・不可モーションを考える

片手R1、ダッシュR1(両手含む)、ローリングR1(両手含む)はパリィ可能モーション。
なので強靭任せでぶんぶんしてるとあっさりパリィ取られるので注意すること。
逆に両手R1・R2、ジャンプ攻撃(ダッシュR2)、ローリングR2はパリィ不可モーションのため特大剣の基本スタイルは両手持ちとなる。
うっかりローリングR1出すとパリィされる事もあるので油断は禁物。


③得意な相手には強く、不得意な相手には極端に弱い

同じ大型武器である大斧と大槌には強靭合戦で如何に殴り勝つかになるので、純粋な実力勝負になるため比較的相性が良い。
逆に刀・槍ダッシュマンや盾直、浮遊追う者ガン引き魔術師や徹底後出しなどには致命的なレベルで弱い。
ラグによるリーチの問題もあるが、ヒットアンドウェイや徹底して距離を取る戦術を取られると強靭を被せる間もなくやられる。
そのためサブウェポンは必須のカテゴリとなる。
これは他の武器にも言えるが、特大剣は装備重量でより無駄なく吟味する必要性がある。


④横振りチェイン

片手・両手問わずR1が横振りの特大剣は一撃目のR1が入ると2チェインが確定する。
特大剣の主なダメージソースである。
2チェインで大体600~700くらいのダメージが出るため積極的に狙って行きたい。


⑤ステ振り

使う特大剣によって筋力と技量のバランスは大きく変わるので無限猿などのシミュレーターで確認した方が良い。
スタミナはレベル帯によるが34~40程度が望ましい。振れる回数が増えるだけ、ローリング回数が増えるだけ動きやすくなる。
生命力は最低でも灰状態で1200以上は確保したい。殴り合いで死ぬ。
体力は相応に振らないといけないが、他ステを圧迫しすぎないように調整すること。
ただし防具をケチって軽装にすると殴り合いで死ぬ確率が跳ね上がるので注意。
集中は使う魔法によるが、基本はエンチャント系になるだろうと思うので、惜別含めても多くて18あれば十分。
惜別のみであれば14で止めて良い。
理力と信仰は属性派性させない限りは攻略との兼ね合いで理力10信仰10or13・18で止める。
対人特化であれば惜別使える程度であとは切って問題ない。


⑥指輪

寵愛+3はほぼ固定と言って良いだろう。
装備重量を稼げるハベル+3、ステータスを大きく削減できる虜囚、物理カット率を上げられる鉄加護+3、スタミナ回復速度を上げる緑花+3、純粋に耐久力を上げる生命+3、致命攻撃力を上げるスズメバチ、大盾などを崩しやすくなる騎士狩り、バックスタブ対策の竜鱗、騎士狩り同様に盾崩しようの馬脚が選択肢になる。


⑦対策

・刀&槍ダッシュマン
基本的にはこちらの攻撃を被せる形になる。
盾を持って受けて隙を伺うのも手だが、槍は持ち手の反対側が微妙に判定が弱いのでそこを起点に立ち回って行く。
最悪クロスボウで動きを制限する形になる。

・クイステぶんぶん丸
左手にセスタスを装備して両手持ちして我慢して殴るかパリィする。
特にL1は引っ掛けやすく、捉えられればダメージレースに持ち込める。

・盾直
クラブ系を両手持ちして被せる。左手にクラブ・強化クラブを持って殴っても良い。セスタスでも可。
それか騎士狩りか馬脚をつけて盾を殴って崩す。
基本的に盾直はバックスタブ狙いと差込狙いの両方があるため、後ろに回るようにローリングしてきたらディレイをかけて横振りで引っ掛けるのも手。

・浮遊追う者ガン引き魔術師
左手にクロスボウを持って追撃する。
ひたすら距離を詰めて展開させないのが理想だが、難しい。なので展開の隙にクロスボウを撃ちこんでダメージレースで勝つ。
特大剣のDR1などでプレッシャーをかける事も忘れずに。たまーに相手のミスで当たってくれる。

・徹底後出し
本当に一切自分から仕掛けない奴は放置安定。
時間が無駄になるのは癪だが、そんな相手は「被弾したくないけど勝ちたいけどそのためにリスクを払いたくない」という思考回路をしているので一々勝ちをくれてやる必要はない。
逆に後出しと攻めを緩急つけてやってくるタイプは翻弄されないようにスタミナに余裕を持たせて立ち回る。
空振りも安全圏での誘いのみで一回しか振らないようにする。
クロスボウで牽制するのも良い。
ダークソウルシリーズ | コメント:1 | トラックバック:0 |

狂王カタリナビルド

レベル:150

生命力:35
集中力:18
持久力:30
体力  :46
筋力  :40
技量  :13
理力  :10
信仰  :40
運    :7

右1:狂王の磔
右2:デーモンナックルor雷のツヴァイヘンダーor雷のセスタス
右3:フィリアノールの聖鈴

左1:愚者セスタスor盾
左2:聖職の聖鈴orアリアンデルの薔薇
左3:クロスボウorミルウッドの大弓

指輪1:寵愛の指輪+3
指輪2:ハベルの指輪+3
指輪3:自由枠
指輪4:自由枠

記憶スロット:黒剣(固定)、大回復(祭儀長装備時は太陽の光の癒し)、ドーリスの蝕み


攻略と対人両方でそこそこ戦える構成として作った。
狂王の戦技R2派性は博打要素が濃いけれど効果はそこそこ有用。ただし攻略で使う機会はない。

闇属性と炎属性にドーリスがあれば攻略では大体どうにかなる。
例外はミディールくらいなもので、ミディールも盾捨てて重量調整しながら雷ツヴァイ持てば解決する。
無名が若干怪しい部分があるけど、ロスリック盾持つ事で対応できる。


狂王強い強い言われるけど、L2がぶっ飛んでるだけと言えばそれだけである。
むしろ斧槍は、闘技場ではグンダ半葉がツートップでグレイヴルッツェ火刑狂王くらいの存在。
あと異様にバックスタブを食らうので竜鱗の指輪はつけた方が良いかもしれない。

ダークソウルシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

カタリナ剣槍ビルド・改

生命力 :39(34+5)
集中力 :24
持久力 :30(25+5)
体力   :40(35+5)
筋力   :25
技量   :50
理力   :9
信仰   :30
運     :7

指輪:寵愛+3 ハベル+3 虜囚 鉄蛇+3or佇む竜印+2or祭儀長

右手:剣槍 セスタス(鋭利)
左手:ピアスシールド(愚者or祝福)or霊樹or黒騎士盾 アリアンデルの薔薇 フィリア鈴

スロット数:3(武器の祝福 大回復orドーリス 惜別の涙)

以前のものをレベル150にして強化した型。
あえて信仰を削って基礎パラと攻撃力の強化を計ってます。
基本的には剣槍で、雷が通じない相手や追撃・閉所では鋭利セスタスに祝福エンチャ。
アリ薔薇の魔法威力修正値は166とまずまずな数値。低信仰では一番修正値が高い。
因みに信仰35では179。

指輪は鉄蛇+3をメインにしてエンチャ時に佇竜印、回復時に祭儀長につけかえる事で対応。


作って使っておいてなんだけど筋力特化してツヴァイ振り回した方が強いとかいう悲しみ。


ダークソウルシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。